お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


軽自動車には軽油?レギュラー?自動車の燃料間違え急増中

森本毅郎 スタンバイ!

森本毅郎・スタンバイ!ロゴ

 

忙しい朝でもニュースがわかる「森本毅郎・スタンバイ!」(TBSラジオ、月~金、6:30-8:30)
7時35分からは素朴な疑問、気になる現場にせまるコーナー「現場にアタック」
本日4月7日(木)はレポーター田中ひとみが『注意!多発する自動車の燃料の入れ間違え』について取材しました!

現場にアタック(田中ひとみ)

現場にアタックレポーターの田中ひとみ

けさは、車に入れるガソリンなどの「給油に関するトラブル」が増えているというお話です。というのも、先月末、車のサービスを行う「JAF」がこんな注意喚起を発表したんです。JAF(日本自動車連盟)の江口浩倫さんのお話です。

燃料の入れ間違い、意外と多かった!

昨年の12月1日から12月31日で調査した統計一般道で「262件」、高速道路で「7件」の燃料の入れ間違いが発生しました。意外に多いというイメージです。

毎年12月に定期的にJAFはトラブル調査を行っているんですが、去年の12月の1ヶ月だけで、なんと「269件」の燃料の入れ間違いが発生したということです。

ガソリンスタンドでは、「ハイオク」「レギュラー」「軽油」の3つありますが「ガソリン車=ハイオク車とレギュラー車」に「軽油」を入れてしまうケースと、反対に、「ディーゼル車」に「ガソリン」を入れてしまうケースがあるらしいのですが・・・。その中でも特に近年、こんなケースがあるんです。再びJAFの江口さんのお話です。

うっかり、「軽自動車」に「軽油」を入れてしまう人も・・・

ガソリンの入れ間違いということで、原因をお客さまに伺ったところ、「軽自動車に軽油を入れる」ものだと思い込んでいる方がいました。漢字で書くと、同じ「軽い」と書くので、軽自動車=軽油と思い込んでいた方ですね。

正しいのは「軽自動車にはレギュラーガソリン(ハイオク仕様車ならハイオク)」で、「軽油はディーゼル車」なんですが・・・。

現場にアタック(軽自動車)

給油口を開くと・・・

これ、間違えると、黒煙が出て、ブレーキの効きが悪くなることもあり危ないんです。そこで、街のみなさんに「ハイオク車」「レギュラー車」「軽自動車」の3つの車種に入れる燃料がわかるか、聞いてきました。

レギュラー車はレギュラー、ハイオク車はハイオク。軽自動車には?

普通に、ハイオクはハイオク、レギュラーはレギュラーですね。親が軽自動車で「レギュラー満タン」って言っているので、軽がレギュラーだというのはわかる。
レギュラー車にはレギュラー、ハイオク車にはハイオク。軽自動車には?レギュラーですよね。ガソリンスタンドでバイトしていたんでわかります。
ハイオク車はハイオク、レギュラー車はレギュラー。軽自動車?軽油ですかね。
ハイオク車はハイオク。レギュラー車はレギュラーで・・軽自動車は軽油・・。え?軽自動車はレギュラーなんですか?そうですか・・・
レギュラー車はレギュラー。ハイオク車はハイオク。軽自動車は?軽油。軽自動車だけに軽い油、ですよね?
軽自動車は・・・軽油?レギュラーですか?ははは・・・レンタカーで軽、借りるときあるので、うっかりいれちゃいそうです・・・

街で聞いてみたら、なんと4割の人が間違っていました。軽自動車の「軽」は、軽油の「軽」ではありません。大型、小型と同じ、排気量など車の規模の区分で、燃料の区分ではないのでご注意を。

でも、なぜこれだけ入れ間違いが多いのか、JAFの分析では、自分でガソリンを入れる「セルフスタンド」が登場したことと、レンタカーを使う人が増えてきたことではないか、とおっしゃっていましたが、街で聞いてみると、それだけでなく、こんな理由がありました。

最近、燃料の入れ間違えが増えている理由は・・・

カーシェアリングで車を使うんですが、ほとんどが軽です。ネットで予約してピッとするだけで、対面はないですね。レンタカーだと、説明受けますよね。でもカーシェアは、人とまったく会わないでもできるので、燃料のこと、わからないかも。軽油、入れてしまうかもしれません・・・。

今多いのはレンタカーに次いで「カーシェアリング」なんです。この5年間で、日本全体での会員数は70万人に到達する勢い!旅行など1日以上借りる場合は「レンタカー」が安いんですが、半日とか、2~3時間程度の利用なら「カーシェアリング」の方が安くなります。そのため、近場に買い物するときやデートでは「カーシェアリング」も多いんです。

ただ、「カーシェアリング」は一度入会すれば、その後はお店に行かず、スマホ予約だけで、直接専用駐車場に行けばすぐ乗れます。なので、お店の人と会うことなく、いつでもカードを車にかざせば利用できます。それが、逆に、一人で慣れない車に乗るから、軽自動車を借りたとき、「軽自動車だから軽油」と思い込んで、セルフスタンドだと気付かない。危ないですよね

。では、そんな状況を、実際に「カーシェアリング」を運営している会社はどこまで知っていて、何か対策は考えていないのか?「カーシェアリング業界大手」で「レンタカー」もしているオリックス自動車株式会社の矢崎陽子さん伺いました。

燃料の入れ間違え。カーシェアリング業界大手はどう見るか?

カーシェアリングでの軽自動車の事例でやはり、「軽自動車なので軽油」ということで間違えれた事例があったと聞いてまして、やはり給油間違いがあると車が止まる不具合がありますので、注意喚起していました。ということで、レギュラーガソリン対応の車に軽油を入れないように、現在、カーシェアリングの全車両の「給油口」には、『油種はレギュラーガソリンです』というステッカーを貼っています。

ちなみに、オリックスでは現在、カーシェアリングでは軽自動車を扱っていないんですが、他社のカーシェアリングでは、軽自動車もあるので、今後、軽自動車を利用する場合は注意したいなと私も思いました。

給油口の内側

給油口。フタに書いてあると助かりますね

レギュラー車にはレギュラー、ハイオク車にはハイオク、軽自動車には、レギュラーです。
(取材・レポート:田中ひとみ)


TBSラジオ「森本毅郎・スタンバイ!」は月~金6:30-8:30放送中。
AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「 radiko 」でもお聞きいただけます!
番組へのメールは→ stand-by@tbs.co.jp