お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

駐車のプロの「神ワザ」 車の積みつけ技術、日本は世界トップクラス

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

今日1月26日は「有料駐車場の日」。1959年(昭和34年)に東京の丸の内と日比谷に、日本で初めて路上駐車場とパーキングメーターが設置されたことが由来だそうです。さて、世の中には「車を停める駐車のプロ」が存在します。中でも〝神ワザ〟を持つと言われるのが、自動車運搬船の「積みつけ」作業を行なうドライバーです。日本の自動車産業は、海外での現地生産の割合も増えているそうですが、やはり貿易の中心を担う大黒柱の産業です。いすゞの場合も、戦後間もない1949年(昭和24年)日本で初めての輸出を行なって以降、現在は世界中に開発、生産、販売拠点を展開しており、いすゞの商品が販売されている国や地域は百数十ヵ国に及んでいます。

自動車の輸出には5千から7千台を積載できる専用船を使用します。中には12層、つまり12階建ての大型船もあるそうですが、そこに車を積むためにはドライバーが実際に運転しなければなりません。コンテナだったら大きなクレーンで積み木のように載せられますけど、車だとそうはいきませんよね。これが「積みつけ」です。そのやり方は、チームで動くこと。10人規模のチームで動くドライバーのテクニックもさることながら、誘導する人も優秀ですね。車同士の間隔は、「前後が30センチ」「左右は10センチ」。10センチは、大きいペットボトルが入るかどうかのスペース、どうやって降りるかと考えちゃいますが、運転席のある方向に向かって順番に停めれば、スペースはあるわけですね。特に日本人の「積みつけ技術」は高く評価され、車に傷をつけてしまう事や事故の確率は圧倒的に低く、また5千台なら1日で終わらせられる早さもあるそうです。うん、プロの仕事です。ちなみいすゞのトラックの場合も、綺麗にならべて駐車するのは同じですが、完成させた車体ではなく、部品を一部外した状態で輸出しているそうです。

番組ではみなさんからのお便りをお待ちしています。
Eメールの場合は、番組ホームページから。
お葉書の場合は、郵便番号107の8066 TBSラジオ 『檀れい 今日の1ページ』までお送りください。

お便りを採用させていただいた方には、クオカード3千円分と、CMでお馴染みの曲「いすゞのトラック」のCDを差し上げます。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。