お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • お知らせ

1月28日(日)のゲストは写真家・フリーライターの大山顕さん▼メッセージテーマは「寒さと私」▼朝10時から生放送『安住紳一郎の日曜天国』

安住紳一郎の日曜天国

キービジュアル 2017年10月~

毎週日曜 朝10時から生放送でお送りしているTBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」。1月28日(日)の放送は…

▼ゲストに、写真家でフリーライターの大山顕さんをお迎えします。大山さんの守備範囲は「浮かれ電飾」「マンションポエム」から「嗅ぎ鉄」まで…今回はどんなお話が飛び出すのでしょうか?お楽しみに

▼メッセージテーマは「寒さと私」です。

当初は「今、注目していること」というテーマで募集していましたが、今週は寒波や大雪の影響を受けた方が多いようなので、急きょ「寒さと私」に変更することに致しました。

先週に引き続き、皆さんの「寒さと私」のエピソードをお寄せ下さい。なお、お送り頂いた「今、注目していること」は、次週改めてご紹介させて頂きます。

ちなみに、にち10スタッフの「寒さと私」は…

「正月、故郷の鳥取に帰省した。3日間ずっと曇っていて、チラチラ雪が降っていた。すっかり関東の晴れた冬に慣れてしまったが、山陰の冬ってこうだったなと思い出した。そんな冬の寒さと気候で県民性は暗いと言われる。地元の数少ないスター、イモトアヤコさんや上田まりえさんに頑張って頂き、鳥取県民のイメージを変えてもらいたい。ちなみに…私はイメージど真ん中の暗い人間です。申し訳ない!」(30代♂・構成作家)

「家のすぐ隣にコンビニがあるので、真冬でも、部屋着で行きます。『寒い、寒い』と言いながら、右手にお湯を入れたカップラーメン持ち、早歩きで去っていく私の姿は、Tシャツと短パン。店員に『すごい変態が毎日来る』と思われていないか、ちょっと心配」(30代♂・アシスタントディレクター)

「通っていた小学校では、冬になると毎朝、校庭でマラソンをするルールがあった。校則で長ズボンが禁止だったので、皆、凍えながら走った。6年間、なぜかBGMには松本伊代さんの『センチメンタルジャーニー』が流れていたので、今もこの曲を聴くと縮み上がる思いがする」(30代♂・プロデューサー)

「学生時代に京都で住んでいた部屋は、相当古い物件だったので、冬はとにかく冷えた。ある寒い夜、友人と鍋を食べたまま酔いつぶれてしまい、そのまま雑魚寝した。翌朝、寒さで目が覚めると鍋の表面が凍っていた。生きていることに感謝した」(40代♂・ディレクター)

「22歳の誕生日、彼女(妻)から手編みのマフラーをもらった。ちょっと長めのマフラー。2人で巻いてデートしたこともあったような気がします。結婚後、一度、そのマフラーで首を締められたことがあります。半分本気だったと思います。いろいろな思い出が詰まったマフラーです」(40代♂・構成作家)

メッセージを紹介した全ての方に、にち10オリジナルポストカード その三十七、水彩画家・永山裕子さん制作の「お腹に虫 心に革命」をお送りします! Let’sハッスル!