お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

車椅子でも着られる着物▼人権TODAY(2018年2月3日放送分)

人権TODAY

毎週土曜日「蓮見孝之 まとめて!土曜日」内で8時15分頃から放送している「人権トゥデイ」。様々な人権をめぐるホットな話題をお伝えしています。

今回のテーマは…2018年2月3日放送「車椅子でも着られる着物」です。

ふさぎ込んでしまった祖母の笑顔が見たい

体が不自由な方にとって、服を着るという行為は大変なことです。
ましてや、振袖は着付けが必要ですからより大変な行為です。
誰でも簡単に着られる着物を考案したという茨城県つくば市で着物の販売・レンタルをしている株式会社「明日櫻」の淺倉早苗さんに伺いました。

「明日櫻」代表の淺倉早苗さん
祖母が倒れて車椅子生活になったんです。暗くなって、ふさぎ込んでいくんです。「私、もう着物着れないわね」って言うんです。車椅子の方でも楽しめるものがないかということで、この着物を開発しようと。座った状態で、例えば寝ていても着られる着物を目指しました。

「明日櫻」代表の淺倉早苗さん

袖が長い洋服の場合、袖に腕を通すのは、障害がある人にとって難しい作業です。
和装の場合、袖がゆったりとしていて、容易に袖を通せるというところに着想を得て、簡単に着られる着物で祖母を元気づけたいというのが開発の原点でした。

着脱が簡易な着物の開発

浅倉さんが考えた着物は、着付けた状態のものを上下2ピースに分け、背中側のボタンやファスナーで合わせる形になっています。
背中側が開いた構造になっていて、着物を前から合わせて袖を通します。
下半身は巻きスカート式になっています。着物は依頼者の身長や体重に合わせて、和裁士が手縫いで数カ月かけて仕立てることもあるそうです。
レンタル用も依頼主の状態や障害によって着やすいように直しています。

見た目は通常の振袖と変わりません

見えない部分で軽量化、見せたい部分を豪華に

障害がある方は筋力が劣っている方が多いので、振袖部分も軽量化を図っています。
車椅子に座っている状態でも、手すりの外側に袖を垂らして綺麗に見せます。
通常の振袖と同じように、こだわって仕立てているといいます。
そして、振袖と言えば、帯も重要なポイントのひとつです。

淺倉早苗さん
帯まで絢爛豪華にしないと、振袖というものは後ろも見てもらいたいものですから。いろんな背もたれの形がありますが、それに応じた形で違和感なくできるようなデザインで作れないかということで方帯というものができたんです。スタッキング帯。重ねることによって背中の変形を、左右のバランスをとることができる帯なんです。「着た感」が出るのと、通常の帯と同じような出っ張り方。中に帯枕があるんですけれども、クッション材が入っていて、背もたれがあっても負担なく着られる。

車椅子だと、見せ所のひとつである帯の結びの部分が、どうしても椅子の「背もたれ」部分に当たってしまいます。
それを解消するために、分解されているものを組み立てるタイプを考案し、車椅子の背もたれの外に帯の結び目が来るよう改良しました。
着心地、機能性、見た目、そして、専門の知識が必要なくても簡単に着られること。どれひとつ妥協しないよう工夫しています。

車椅子に座った状態を想定して美しさを見せます

髪飾りからつま先までトータルコーディネート

脚が大きく浮腫むような病気や、義足の方であると草履は履けません。
足元まで和装でないと、やはり違和感が出てしまいます。
普段履いている靴の上に覆うようにカバーするだけで、着物に合わせた形で履けるような足袋のようなものを用意しています。

草履を履けない人のために靴をカバーするような工夫も

実際に利用した人の反応はどのようなものなのでしょうか?
今年、成人を迎えられたお嬢さんの振袖をレンタルしたという茨城県内在住の石島律子(いしじま・のりこ)さんに伺いました。
石島さんのお嬢さんは、重度の知的障害がありコミュニケーションが難しいうえに、身体障害で歩くことができず、外出の際には車椅子を押してもらっています。

20歳になる娘のために振袖を借りた石島律子さん
一昨年のタウン誌に明日櫻の着物のことが載っていたんです。前々から成人式に連れていきたいと周囲に話していて、それを聞いていた友人から「こういうのが出てたよ」とタウン誌の話をされました。正直言うと、振袖はあきらめていたんです。なんか、着せられたらいいかなと思うようになって。
借りられますっているのが分かってから、俄然、着せたいという思いが強くなって。自分が成人式の時は振袖なんて必要ないと思っていたんですが、いざ、自分が女の子の親になってみて、その時の親の気持ちが分かりました。せっかく振袖着たんだから、成人式に行ってみようと。簡単で綺麗に着られたんで、かなりテンション上がって帰ってきたんですけど。

成人式に振袖をレンタルした石島さんのお嬢さんですが、卒業した特別支援学校での同窓会に着ていくために、再度、振袖をレンタルすることを考えているそうです。

みんなと同じように、自分も着物でおしゃれしたい…
でも、他の人とは違うデザインやアイテムでアピールしたい…
おしゃれに障害のあるなしというのは、関係はありません。

障害があるからあきらめるのではなく、障害があっても自由に選べる…
特別な日に着るものですから、どんな体型・状態であっても美しく着られるよう選択肢を増やしていくことは、当事者を勇気づけることにもつながります。

淺倉早苗さん
ご要望があったら、「できません」と断らない。「じゃあ作りましょう」と。どこまでできるか挑戦する。マネキンにスリーサイズを肉付けしていくんです。着物を着用したときにおかしくないかどうか。例えば人工呼吸器をつけている人だったら胸の辺りの空き具合、胃ろうの人だったら締め付けたらいけないだろうかというところまでやるんです。「うちの娘の着ている着物は本当に素敵な着物なのよって自慢してください」とお客様に言っているんです。これからはもっと前向きにどんどん出て行っておしゃれを楽しんでもらうことでいままで感じていたことと違うことが見えてくると思うんですね。これから生きていくうえで、糧にしていって楽しんでいっていただければと。お客様の所に行って着せてあげられないことが多いんですけれども、お客様から「成人式出ました」とか、「着物着せて写真撮りました」といってお写真を見せていただいた時の感激というのはひとしおです。

ハンディキャップは人それぞれ違います。
依頼者個人の状況に対応するため、義肢の装具士や、医療関係者に直接意見を聞きに行くこともあるそうです。
利用者からの反応が、次の制作意欲につながるとおっしゃっていました。

明日櫻では着物全般を取り扱っています。
孫の結婚式や入居する施設でのイベントのためにオーダーされることもあるそうです。
もちろん、男性用の和装も取り揃えています。

着付けして車椅子に座った様子

株式会社 明日櫻(あすさくら)
住所:〒305-0005 茨城県つくば市天久保3-17-13
TEL:029-852-9316
URL:http:www.asusakura.jp/kimonos
E-Mail:asusakura.kimono@gmail.com

(担当:瀬尾崇信)