お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 音声あり

おすすめラジオクラウド 問わず語りの松之丞「TBSラジオ改編情報」

ラジオクラウド

こんにちは。文字起こし職人のみやーんです。僕が選んだラジオクラウドのおすすめコンテンツを紹介するコーナーの第16回目。
今回は『神田松之丞 問わず語りの松之丞』より「TBSラジオ改編情報」です。

講談師の神田松之丞さんが日々の様々なことに対して愚痴、ぼやきまくる10分間。今回はナイター中継が終了し、ライムスター宇多丸さんの新たな帯番組がスタートすることが報じられたTBSラジオ2018年春の番組改編について話していました。

まずは宇多丸さんの帯番組についての情報を知った松之丞さん。現在『問わず語りの松之丞』が放送されているTHE FROGMAN SHOW A.I.共存ラジオ 好奇心家族』の時間帯にかぶっていることに気づきます。

神田松之丞:そういえばね、ラジオの改変の時期になりましたよ。ライムスター宇多丸さんが帯で、月―金でやるっていうのを聞いてさ。6時から9時、月―金……聞いたことがある時間帯だなと思って。あれっ? このラジオで7時30分から35分、時には39分だった時もあるけど、なんかいろんな時間帯で放送している10分のラジオがあったんけど、完全にそこじゃないの?って思って。そしたら、どういうこと? 『好奇心家族』はどうなっちゃうの? 俺の大好きな『好奇心家族』、どうなっちゃうの?

なんかさ、Twitterとかを見ると「ライムスター宇多丸さんが月―金の帯。わーい! 楽しみ!」とか「『タマフル』が終わるの、残念」とか言ってるけど、誰も『好奇心家族』について言ってねえけど……俺だけ『好奇心家族』大好きっ子だから「ふざけやがって! なにお前ら喜んで……FROGMANがどんだけ悲しい思いしてんだ! そういう心のヒダがわからないとダメだよ!」って思って。

だから俺も「今度は殿様が宇多丸になるのか……」って思って。もう心変わってんじゃねえかよ!(笑)。「忠臣二君に仕えず」でね、2人の主君に仕えることはないんですけど。だからこのラジオもさ、松永久秀みたいなところ、あるからさ。最後は大きな自分の壺みたいなのを持って死んでいきますけども。

そんな『好奇心家族』大好きな松之丞さん。FROGMANさんといい関係だっただけに、宇多丸さんとの新しい関係についても心配していきます。

神田松之丞:本当にこの改変はよかったなっていうね。ただ、やっぱり1個問題なのはさ、『好奇心家族』は、だから俺が10分ですごくいろいろと変なことを言っても、FROGMANさんが受けのあれでちゃんといいことを言ってくれたりして、バランスが取れていたし。やっぱり『好奇心家族』そのものがAIをコンセプトにやっているから。AIをコンセプトで4時間か5時間か埋めていたって俺、本当にすごいと思うよ。本当にすごいと思う。

これはあんまり誰も言わないから、俺はあえて言うけど、あれは本当にすごいことだと思う。FROGMANさんが悪いとは微塵も思わないよ、俺は。誰が悪いっていうのも言わないけど(笑)。だから、すごいラジオだったなと思って。で、あれってさ、音楽も素敵だし。娯楽なんだけど、笑いが多いというよりもちょっと知的好奇心を高めるみたいな番組だったじゃない?

その中に俺がポンとさ、変などうでもいいような笑いを言って、FROGMANさんが優しく包んでくれて……みたいなパッケージだったからよかったけど、宇多丸さんのその3時間のところに入ったらさ……仮にだよ。入るかどうか決まってないし、クビになるかどうかもわからないけど、そしたらさ、どうなるんだろうな?って思って。宇多丸さん、なんか受けてくれなそうじゃない?

で、もっと言うと「俺の方が受けたい」みたいな我が強いタイプだろうから、それにかぶせて笑いを取ってくるみたいなことをされたら、こっちはたまらないじゃん? だからさ、これどうなるんだろうな?って思ってね。

そんな感じで、宇多丸さんとの関係構築に不安を感じつつ、さらにもうひとつ、この新番組の開始によって生じる松之丞さんの個人的な問題についても話していました。

神田松之丞:で、その他にもさ、結局宇多丸さんが月―金で6時に入るっていうことはさ、野球がなくなっちゃうんでしょう? で、俺は34才なんだけど、34年間全く野球に興味がなかったんだけど、TBSラジオが野球撤退に絡んだその直後に野球が好きになったのよ。ちょうど、入れ替わりで。だから俺、もう野球が聞きたいからさ。ニッポン放送とか文化放送を聞こうかなと思って。野球が聞きたいから。

やっぱり音だけで野球を楽しむというあの文化を廃れさせちゃいけないっていうのは俺、本当に思っているから。やっぱりあのアナウンサーの技術が試されるよね。その場で画を浮かばせる。一塁、二塁、三塁に誰がいて、誰がバッターで、緊張感を高めてここで一拍置いてピッチャーが投げる。その文化、その美しさ……ただ画だけで見るんじゃない、日本の野球の文化の美しさ。それがラジオに詰まっていたから。俺はもう本当にいま、野球の放送を聞きたいですよ。ねえ。そういうわけで、今日も無事じゃなく終わりましたけども……(笑)。

ということで、今回も無事でなく終わった松之丞さんのトークでした。果たしてTBSラジオ春の改変で『問わず語りの松之丞』は生き残るのか? もしかしたら『タマフル』枠で2時間枠の番組になったりして?(適当に言っています)。こんな感じで毎回10分弱、サクッと聞けてクスッと笑える『神田松之丞 問わず語りの松之丞』。ぜひぜひラジオクラウドでチェックしてみてください!

問わず語りの松之丞「TBSラジオ改編情報」


※音源4:18あたりから改編情報トークがスタートします

ラジオクラウドアプリ誕生!