お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

仮想通貨の基礎知識!

生島ヒロシのおはよう定食|一直線

“聴くスポーツ新聞”「生島ヒロシのおはよう一直線」

(毎週月~金 朝5時30分〜6時30分)

ニュース、スポーツ、そして健康、シニアライフ、介護などをキーワードに、生島ヒロシがわかりやすく、元気に様々な情報をお伝えしています!


毎週金曜日の6時10分頃からは、「知って良かった!明日への備え」。知ると知らないのとでは大違い!ということで「リスクと上手く付き合う情報」を伝えるコーナーです。今朝のテーマは「仮想通貨」

ITジャーナリスト の 井上トシユキさんが解説!

今年に入り、ビットコイン急落で、多額の財産を失う人が続出。また、仮想通貨取引所大手「コインチェック」からは、580億円に相当する顧客の仮想通貨「ネム」が流出。「危険」「怖い」など、ネガティブなイメージを持つ人も多いようです。
今回は、そんなビットコインなどの仮想通貨について改めて解説していただきました。

  1. ビットコインとは…いまや1000種類以上も発行されているといわれる、仮想通貨の代表的なもの。2010年5月に「ピザ2枚」の支払いに使われ、流通を始めた。仮想通貨は、暗号通貨、デジタル通貨とも呼ばれ、まだ主流ではないが、主にネット上での支払いや送金に利用されている。
  2. 「ビットコイン」が人気を集めた理由は…「1円単位の少額でも送金ができる」「送金の際の手数料が銀行に比べてとても安い」「匿名性が高いので、後ろめたいお金の送金にも使える」といった点が評価されている。お金に関することは、非常にプライベートなことなのだから、「政府や銀行が途中で介在すること、そのものがおかしい」という仮想通貨の根本的な思想に共鳴している人も、利用者のなかには少なくない。
  3. ただ、少額でも、安い手数料で、匿名性が高い状態で送金できるということは、「身代金ウィルス」や「架空請求」などの犯罪にも使いやすい、ということで、良いことだけではない。
  4. 最近、仮想通貨詐欺が増えていますが…例えば、未公開株商法と同じように、これから発行される仮想通貨を買っておけば値上がり確実、などと煽って、実体のない仮想通貨を売りつけるものや、マイナーな仮想通貨に値上がりの余地があると言葉巧みに勧誘し、証拠としてゲームのチップのようなものを送ってくるが、実際には金を振り込ませるだけで売買をしていない「やらずボッタクリ」。といった詐欺がある。
  5. 仮想通貨については、その存在や流通、販売や交換の仕組みを含め、まだ黎明期にあり、成熟したものではない。購入や利用に際しては、詐欺やハッキングの危険があることを十分に理解してから、適度な金額での投資や利用にしよう。今回の「コインチェック」のように、自分の資産が知らないところで勝手に盗まれても、もともと政府も銀行も関与していないので、本当に誰も助けてくれない。そのことは納得しておくこと。

とのことでした。

「知って良かった!明日への備え」はラジオクラウドでも配信中です。こちらもぜひお聴きください。

AIG損保のホームページはこちら!
https://www.aig.co.jp/sonpo


このコーナーでは、詐欺、盗難、自然災害、病気…などあなたの身の周りで起きた体験談を大募集!!また、「備えていたから助かった」というエピソードもお寄せください。

〒107−8066 生島ヒロシのおはよう一直線「明日への備え 体験談」係まで

メール:ohayou@tbs.co.jp 

是非、ご相談内容に、コーナーの感想も添えてお送りください。

お便りが採用された方には「デパート商品券5千円分」をお送りします。