お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

電動アシスト自転車選びは「軽さ」がポイント!ヤマハの “YPJ-C”はとにかく軽い!

ジェーン・スー 生活は踊る

「電動アシスト自転車で毎日の生活を楽にしたい!」と思っている方も多いのではないでしょうか。そんな方に向けて、オススメの電動アシスト自転車情報を自転車ジャーナリスト・菊地武洋さんに伺いました。

どんな人にオススメ?お値段は??

電動アシスト自転車は、「体力に不安のある方」「子供を乗せる方」にオススメの自転車です。種類によって、ピンキリですが、お子さんを乗せるタイプの電動アシスト自転車は、相場は8万円〜。ただ売れ筋は10万円台。8万円出すならプラス2万円して、「ちょっといいのを買おう」と考える方が多いようです。結構良いお値段しますが、人と電動アシスト自転車の重さを合わせると、100キロ近くになるものが多いんです。安い自転車をオススメしたいところなのですが、安いものは品質が悪く、安全性が確保されていないものが多いのが現状。安物買いの銭失いになりがちです。

電動アシスト自転車初心者の方にオススメは・・・とにかく軽い! YPJ-C

オススメの自転車「ヤマハ YPJ-C」は軽さがポイント。車体はおよそ16キロ。軽量で扱いやすいため、女性の方から、年配の方まで楽しむことができます。また、通勤に自転車を使ってみようかな、と思っている方も扱いやすいと思います。デザインもクロスバイク風でママチャリ感がないので、生活臭がしないのもオススメ。最近は、夫婦や家族でも「自転車ツーリング」を楽しむ人達が増えていますが、どうしても体力差が出てしまいがち。そういう時に使うのも良いでしょう。ちなみに、YPJ-Cで峠を登ったことがありますが、このバイクなら女性の方でもラクに峠を走れちゃいます。
値段は、185000円(税抜き)

お子さんを乗せるなら・・・ビッケ・グリ dd

お子さんを乗せる電動アシスト自転車「ブリジストン ビッケ・グリ dd」は、前輪はモーターの力、後輪は人の力が働くタイプ。「前から引っぱってもらえる」乗り心地。前輪をモーターで駆動させるため坂道発進が安定し、坂道でブレーキをかけると発電する機構を備えています。その時のブレーキ抵抗を電力に変換し、バッテリーに充電。1週間でおよそ1日分、バッテリーが長持ちします。こちらは、幼稚園以上のお子さんを乗せるのに適した自転車で、お子さんの体重が重くなってきたら前に乗せるよりも後ろのほうが真っ直ぐ走りやすいんです。子乗せの堅牢性も高そうなので、転倒したときに子供を守る能力も高いと予想できます。
自宅周辺で使用することに向いています。値段は、138800円(税抜き)

電動アシスト自転車を買う前に

電動アシスト自転車を購入する前に、まずは自分の自転車を見直してみてはいかがでしょうか?ポイントは「サドルの高さ」「空気圧」です。この2つが合っていないと、サイズの合わないシューズとウエアでランニングしている感じです。
①正しい自転車は、サドルを乗った際、つま先だちする程度の高さにしましょう。
②意外と自転車の空気がしっかり入っていないこともあります。
この2つをやることで、だいぶ自転車の乗り心地が変わってきます。これを試してみて、自転車を乗るのが楽しかった、もしくは、もっと楽に乗りたい、そんな気持ちがあれば、電動アシスト自転車の購入を考えてみてください。