お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「バレンタイン・キッス」だけを延々1時間DJ MIX! その時、人はどうなるのか?

ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル

最早狂気と呼ぶしかほかない恐るべきプレイリスト。

そう、この夜ついに恒例行事「バレンタイン・キッス地獄MIX」がついに1時間となって決行されたのです。

1984年の大ヒット曲、国生さゆりさんの「バレンタイン・キッス」。このオリジナルバージョンに数多あるカバーを織り交ぜ、とにかくこの1曲のみを延々とDJ MIXする恒例行事。

いつも15分程度でTwitterの実況TLは阿鼻叫喚、出演者はグッタリとなるところを、今回は特別に1時間。いったいどうなってしまうのでしょう?

地獄の釜の蓋を笑顔で開いたのはもちろんDJミッシェル・ソーリーさん。「『バレンタイン・キッス』だけで2時間なら余裕でできます」

スペシャルゲストその1。人気DJ/プロデュサーのトーフビーツくん。わざわざこのためにMichanbabyをフィーチュアしたオリジナルカバーver.まで用意してくれました。ありがとう!

神戸土産のビーフジャーキーもありがとう! めちゃ美味しかった。

スペシャルゲストその2。新進気鋭のトラックメイカー、PARKGOLFさん。前日に練習した縦笛で「バレタイン・キッス」カヴァーを披露してくれました。

スペシャルゲスト・その3。シンガーソングライターの星野みちるさん! 可憐な歌声でカバーで心の傷が癒されます。

フィナーレ直前、やりきった男たちの熱いコール!

「今日も千葉から来ました」(恒例の挨拶)

みちるさん、DJミッシェルさんの操作ミスで1番を2回も歌わせてすいませんでした。

なんやかんやで、やってみたら案外短かった! みなさんおつかれ!

この夜はもうひとつ、「第7回OKB48総選挙」の結果発表が行われました。

OKBとは「お気に入りボールペン」の略で、すなわち日本一のボールペン人気投票企画のこと。結果発表をしたのは、OKB48総合プロデューサーの古川耕こと筆者と、運営費をすべて自腹で賄っている「文具王」こと高畑正幸氏。

これが今年の上位7つ、ボールペン界の「神セブン」だ!

そして今年の新星、コクヨエラベルノの結果はいかに。

詳しい解説とすべての順位はOKB48総選挙の公式ページで

週刊映画時評ムービーウォッチメンで評論した映画は『桐島、部活やめるってよ』の吉田大八監督の最新作『羊の木』

そして来週の映画は今年のアカデミー賞でも多くの部門にノミネートした『スリー・ビルボード』に決まりました。

【映画評書き起こし】宇多丸、『羊の木』を語る!(2018.2.10放送)

それではまた来週!

 

文/古川 耕(構成作家)
写真/小荒井 弥(音楽ディレクター)

◆TBSラジオ「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」第565回(2018年2月10日放送)放送後記

◆過去のタマフル放送後記はこちらから。