お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

歩いて改善!「ウツ」対策

生島ヒロシのおはよう定食|一直線

“聴くスポーツ新聞”「生島ヒロシのおはよう一直線」

(毎週月~金 朝5時30分〜6時30分)

ニュース、スポーツ、そして健康、シニアライフ、介護などをキーワードに、生島ヒロシがわかりやすく、元気に様々な情報をお伝えしています!


毎週金曜日の6時10分頃からは、「知って良かった!明日への備え」。知ると知らないのとでは大違い!ということで「リスクと上手く付き合う情報」を伝えるコーナーです。今朝のテーマは「ウツ」への対策。

精神科・心療内科医で、臨済宗建長寺派 林香寺の住職 川野泰周さんが解説!

川野さんは「歩く事でウツが改善する」と提唱。きょうは「マインドフル・ウォーキング」(=歩く冥想)を紹介していただきました。
歩くことで「ウツ」が改善される「マインドフル・ウォーキング」とはいったい何なのか?!

  1. 歩くことで脳内で分泌される、BDNFという非常に重要なタンパク成分がある。このタンパク質は、脳細胞の保護と回復を司り、これが不足すると「ウツ」を引き起こすとされている。実は、歩行やスロージョギングは、このたんぱく質の分泌を促すことが分かっている。さらに、適度なウォーキングによって、副腎という臓器から分泌されるストレスホルモン「コルチゾール」の過剰分泌も抑えられることが分かっている。
  2. 最初のうちは、歩き方に拘らなくても良い。「自分は今、歩いている」という当たり前のことを、あえて意識しながら歩くのがとても大切。最初はこれだけ、意識できたら十分。まずは短い時間でもいいので、歩く習慣をつけること。
  3. いつでもどこでも1分歩く。部屋の中を1分、歩くだけでいい。ポイントは、「不安や焦りなど、不安定な心の状態の時だけでなく、心が落ち着いている、普段の状態との時から歩く習慣」をつけておくこと。「緊張したときだけ歩く」習慣をつけると、
    脳内の刷り込みによって、かえって「歩くと緊張する」ようになってしまう。普段からリラックス状態で歩いていると、いざという時も、リラックスしやすくなる。
  4. 「マインドウォーキング」のやり方は…背筋を伸ばして、まっすぐに立つ。3~4メートル先の地面を見る。目は半眼。キョロキョロ、あたりを見回したりせず、一定のペースを保つ。両手は体の前か、後ろで軽く組む。他のことを考えていると気付いたら、そんな自分を責めるのではなく、そっと歩行に注意を戻せば大丈夫。
  5. 片足から、片足へと、注意を切り替える作業も歩く瞑想のポイント。右足の「かかとが上がる」「つま先が上がる」「移動する」「足が付く」次は左足… といった具合で行うと良い。

とのことでした。

きょうお話していただいた内容は、青春出版社から販売中の川野さんの本『悩みの9割は歩けば消える』をご覧ください。

「知って良かった!明日への備え」はラジオクラウドでも配信中です。こちらもぜひお聴きください。

AIG損保のホームページはこちら!
https://www.aig.co.jp/sonpo


このコーナーでは、詐欺、盗難、自然災害、病気…などあなたの身の周りで起きた体験談を大募集!!また、「備えていたから助かった」というエピソードもお寄せください。

〒107−8066 生島ヒロシのおはよう一直線「明日への備え 体験談」係まで

メール:ohayou@tbs.co.jp 

是非、ご相談内容に、コーナーの感想も添えてお送りください。

お便りが採用された方には「デパート商品券5千円分」をお送りします。