お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

服のことで何か不便を感じているなら・・・ユニバーサルリメイクを。

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

皆さんは、「洋服のお直し」を利用されたことはありますか?
デパートやショッピングモールでも「サイズ直し・リメイクうけたまわります」というカウンターをよく見かけますよね。

どんな「お直し」をしてくれるかというと、ズボンのすそ上げ、ウェストのサイズなおし、ファスナーの修理、擦り切れた袖ぐちの修理。それから、「買った洋服のボタンが気に入らないから、取り替えたい」そんなオーダーにも応えてくれます。
また、お店によっては、「着物をワンピースやアロハシャツに」ですとか、「ママの洋服を、お子さんの服に」という「リメイク」をしてくれるところもあります。 そして、最近では、【ユニバーサルリメイク】というリメイクも注目されています。

病気やケガで、洋服の脱ぎ着が難しくなった方、体型が変わって既成の洋服があわなくなった高齢の方、そんな方たちにとってやさしいリメイク、それがユニバーサルリメイクです。
たとえば、

●シャツの前ボタンや、カフスのボタンをマグネットにする。

●からだをあまり動かさなくても着やすくなるように、ジャケットの背中にファスナーをつける。

●曲がった腰にあうようにズボンの腰の部分に生地を足す。

●入院用のパジャマとして、治療する部分だけ肌が出せるよう切り込みを入れ、マジックテープをつける。

そのほかにも、ひとりひとりの希望にあったリメイクを考えてくれます。「洋服お直し」の看板があるお店の中には、こうしたユニバーサルリメイクをしてくれるお店もありますので、もし、服のことで何か不便を感じているなら、プロの手にゆだねてみてはいかがでしょうか。
着にくかった服だけではなく、生活や気持ちも大きく変わるかもしれません。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。