お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

2月22日はニンニンニンで「忍者の日」

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

今日2月22日は、「2」が3つ並ぶゾロ目の日。さまざまな記念日が制定されているのですが、それらの中でも、興味深いのは「忍者の日」。三重県の「伊賀上野観光協会」と滋賀県の「甲賀市観光協会」を中心とした「忍者の日 実行委員会」が2015年に制定し、現在は「日本忍者協議会」主催しています。語呂合わせは、お分かりですね。「ニンニンニン♪」です。

この「日本忍者協議会」は、忍者をコンテンツとして活用し、地域の連携、地域経済の活性化を目指すという目的を持ち、全国で、官民を含めたイベントが、今日22日を中心に行なわれています。「忍者体験プログラム」「忍者による交通安全啓発活動」のほか、JR草津線の寺庄駅・甲賀駅・油日駅では、忍者の姿をした駅員のお出迎えがあったり、伊賀忍者ゆかりの神社仏閣では、特別な御朱印を販売したりと様々。

また、海外でも人気のある「忍者」はクールジャパンを体現することから、「忍者の日」以外にも忍者の存在を日本の文化資産として世界に発信すべく活動を行なっているそうです。なんだかおもしろそうですね。

さて、みなさんは「忍者」にどのようなイメージを持っていますか?高い壁や塀も、ひとっ飛び、一晩で千里を走り、水や土の中にひそみ、分身の術を使い、煙とともにいなくなる。手裏剣で敵を倒し、そして倒したかと思いきや、身代わりだった。そんな「忍者」のイメージはあくまでもフィクションですね。

大名や領主の命を受けて、諜報活動、破壊活動、暗殺などを仕事としていたとされ、実在はするんですが、基本的には人間ですから、消えたり、分身したりは不可能ですよね。これらは、明治以降に小説や映画で作られたと言われています。

また伊賀と甲賀は宿敵同士というのも実は違うようで、山を挟んで隣同士だった上に、それぞれにたくさんの流派があり、時代に応じて仕えた家が異なれば、戦ったこともあったらしい・・・というくらいの感じだそうです。文献を元に、世界中で忍者の研究がされていますが、「忍術はあった!」というほうがロマンチックでいいのかもしれません。

番組ではみなさんからのお便りをお待ちしています。
Eメールの場合は、番組ホームページから。
お葉書の場合は、郵便番号107の8066 TBSラジオ
『檀れい 今日の1ページ』までお送りください。

お便りを採用させていただいた方には、クオカード3千円分と、CMでお馴染みの曲「いすゞのトラック」のCDを差し上げます。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。