お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

京都がパリにやってくる

コシノジュンコ MASACA

今年は、京都とパリの友情盟約締結60周年。パリと京都は似てるんですよね。そういうことでの姉妹都市jumellageを結んで、1958年から今年でちょうど60年ということで、パリ市庁舎で私のプロデュースでファッションショウを行います。

会場の市庁舎はものすごく立派で、天井がどかーんと高くて、ベルサイユ宮殿みたいに素敵なところ。今回は観世流能楽師の分林道治さんにお願いして、フランス独特の歴史的な会場へ京都そのものを持っていきます。最初に能を踊っていただいて、その次にショウが始まるわけですが、モデルももちろんすり足、完全に気持ちは能。まったく対極、まったく違う世界のコラボレーションというか、西洋的な建物の中での交流ですね。

ちょうど今年は日仏交流160周年でもあるので、フランスでは日本のあらゆる芸術活動に関するイベントが30以上も開催されます。7月には記念イベントもあって、私ももちろん行きます。今年はパリに行く機会が多いですね。