お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

第八回『伊集院光とらじおとクルマと仕事と』⇒横浜市の「ラブリー・クリーニング」さんを訪問!

伊集院光とらじおとクルマと仕事と

伊集院光とらじおとクルマと仕事と

車を使って仕事をしている様々な業種の現場にリポーターを派遣して、
その仕事ならではの「喜び」や「やりがい」、「苦労」や「夢」などを伺っていきます。

リポーターは、初登場!母心の関あつしくんです!

第八回の取材先は、神奈川県で横浜を中心に87店舗展開している「ラブリー・クリーニング」さんです!

実は、横浜は「クリーニング発祥の地」と言われています。ペリーが浦賀に来航して日本に開国を迫った際に、交渉の舞台は横浜だったそうで、乗務員の衣服の洗濯した時に、西洋洗濯の技術を学んだんだそうです。『クリーニング業発祥の地』という石碑もあるほどです。

そんな横浜を中心に展開している「ラブリー・クリーニング」さんは地域密着!プロサッカークラブの横浜FCのユニフォームも手掛けていらっしゃるそうです!あのカズのユニフォームも洗ってます!!

今回お話を伺ったのは、店舗勤務を経て、現在は店舗を束ねるマネージャーをしている宇都宮利花さんです。

関君+営業部の窪田隼一さん+宇都宮利花さん

〇ご存知でした?洗濯ものの中にティッシュペーパーが入っていた時って、水洗いだとくしゃくしゃになりますけど、「ドライクリーニング」だと、そのままなんだそうですよ。
クリーニング=ドライクリーニングって思われがちですが、汚れによっては水洗いの方が落ちるんですよ!っておっしゃっていました。

〇あと、宇都宮さんのおススメとしては、年に一回で構わないので、敷布団をクリーニングに出してもませんか?とおっしゃっていました。沢山かいた汗もすっきり落ちるし、お日様にあてるよりもキレイになるので、快眠できますよ!とのことでした。

また、宇都宮さんは毎日軽キャブバンの「ラブリー号」に乗って、店舗を巡回していらっしゃいます!もうクルマがオフィスだそうです。

来週は、小豆島の「オリーブ」農家のお仕事先に伺います!どうぞお楽しみに!!

※放送の音声は以下のラジオクラウドでどうぞ!