お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

福島県楢葉町の住民グループが、東京で、町の暮らしや文化をPR▼人権TODAY(2018年2月24日放送分)

人権TODAY

毎週土曜日「蓮見孝之 まとめて!土曜日」内で8時15分頃から放送している「人権トゥデイ」。様々な人権をめぐるホットな話題をお伝えしています。

今回のテーマは…2018年2月24日放送「福島県楢葉町の住民グループが、東京で町の暮らしや文化をPR」

担当:崎山敏也

東日本大震災と福島第一原発の事故からあと2週間ほどで、7年となります。福島県楢葉町は原発事故で全町民が避難し、2015年9月に避難指示が解除、去年12月の時点では人口の3割が町内に住んでいます。その楢葉町の住民グループ「ナラノハ」が1月20日、東京・浅草のカフェ「イリヤプラスカフェ@カスタム倉庫」でイベントを開きました。

崎山記者が訪ねたときには、2階のイベントスペースで、楢葉町の方言にまつわるクイズをやっていました。様々な方言に、「ナラノハ」代表の佐藤努さんの説明が加わることで、楢葉町の暮らしや文化が見えてきます。問題を出す役をつとめていたのはダンサーの加藤紗希さん。加藤さんは仮設住宅や楢葉町内でのイベントで、身体を動かすワークショップを指導したりしていて、最近は、楢葉町の魅力をユーモアたっぷりに発信するYOUTUBEの番組「ナラハチャンネル」でリポーターをつとめています。「ナラノハ」の活動は住民と、楢葉の街や人の魅力にはまった人が一緒に作り上げているんですね。

「ナラハチャンネル」は楢葉の自然、歴史、文化の名所を探検風に紹介したり、町の歴史、文化をラップにのせて歌ってみたり。新しい街づくりの最中の「楢葉の今」が見られます。町の料理名人「トキちゃん」が若い弟子に料理を教えるコーナーもあります。イベントでは一階で「トキちゃんのすいとん」が販売されていました。楢葉のすいとんは、独特のもちもち感があって、そこに鶏肉、しいたけ、にんじん、ごぼう、ねぎなどたっぷりの野菜。そして楢葉特産の「ゆず」を少しだけのっけてあってとてもよい香りがしました。料理名人のトキちゃん、馬上とき子(まがみ・ときこ)さんは「みんなきょうはね、おいしかったあ、なんて言って」とうれしそうでした。そして「最近やっと2年ぐらいだね、こうやって、すいとんとかやって、食べられるようになったのが。今は家に帰って、私も少しは、野菜作りやっているから、こういうのね、すいとんも、自分でね。できるようになったし」と話していました。

この日は「飛び入り参加」もありました。イベントでは福島県出身の詩人、草野心平の詩の朗読会が行なわれたのですが、そこに、草野心平が豊かな自然と人を愛して通った福島県川内村にある、草野の蔵書を収めた「天山文庫」の管理人、志賀風夏さんです。川内村で生まれ育った、20代の志賀さんは、仕事や進学で東京に来ている同級生も多く、同窓会が東京で開かれたので、ちょうどよいということで、こちらのイベントに立ち寄ったのです。原発事故で村の3分の2に一時は避難指示が出され、復興途上の川内村ですが、志賀さんは川内村のよさをアピールし、天山文庫の現在の取り組みについて「川内村ではまだ、心平さんと一緒にしゃべったことがある人、一緒にお酒を飲んだことがある人がすごく多いんですね。そういった、しゃべるほどのことでもないな、とみんなが思ってる思い出話がすごくあると思うんです。一緒に心平さんと酒飲んだり、この庭で踊ったりしたんだみたいな話をすごく、聞くと、みなさんしゃべってくれるので、そういったものを書きとめておいたりとか、録っておくというのが、今この小さな村だからこそできることじゃないかなというので」と話していました。

「天山文庫」について(川内村公式ホームページ)  http://www.kawauchimura.jp/sp/page/page000108.html

このほか、1階で、ゆずのアロマクリームを作るワークショップを行なっていた山野辺喜子さんは福島県いわき市出身で、3年ほど前から「ナラノハ」の活動に参加しています。山野辺さんは、「ゆずは線量が出やすかった植物なので、そこから線量が出なくなったというのが、放射線が減ってきているのではないか、という証として、商品化しようというようなのが目的なので」と説明してくれました。そして、「同じ、福島県の中でいろいろ問題を抱えている、ということを知って、通うようになって、その土地の人たちともやっぱり仲良くなっていくので、自分にとっては、ちょっと第二の故郷みたいな感じで、帰るような感覚で、行くようになりましたね」と話してくれました。

「ナラノハ」は3月11日(日)、楢葉まなび館で「ナラノワ祭」を開きます。これを機に、楢葉町を直接訪れてみて欲しいですが、時間がどうしても取れないという方は、YOUTUBEで「ナラハチャンネル」を探してみてください。月一回更新で、楢葉の魅力が詰まっています。

  • 「ナラハチャンネル♯1」 https://www.youtube.com/watch?v=Ohso-9YvBX4
  • 「ナラノハ」ホームページ(こちらでも「ナラハチャンネル」は見られます) http://naranoha.com/