お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【放送後記&聞き逃した方へ】ゲストは引き続き『キン肉マン』の作画担当でおなじみ、ゆでたまごの中井義則先生でした!TBSラジオ✖️週刊少年ジャンプがコラボ!『サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ』毎週土曜24:30〜24:59。第36回(2018年3月3日)放送分。

サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ

「週刊少年ジャンプ」の創刊50周年を記念して、今までに連載された様々な作品が集う「週刊少年ジャンプ展vol2」が開催決定!会場は、六本木ヒルズ 森タワー52階、森アーツセンターギャラリーです。詳しくはこちら!

カラーバージョン サイズ変更
「週刊少年ジャンプ」が2018年に創刊50周年を迎えることを記念してTBSラジオで新番組「サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ」がスタート!普段は滅多にメディアに出ることのない「週刊少年ジャンプ」の漫画家先生たちをゲストに、MCのサンドウィッチマンが、ここでしか聴くことのできない、スペシャルなトークを展開します!


3月3日(土)のゲストは前回に引き続き『キン肉マン』の作画担当でおなじみ、ゆでたまごの中井義則先生でした!


伊達「中井先生とお話しするためにこの番組を引き受けたと言っても過言ではありません」富澤「確かに(笑)」伊達「俺たち頑張ってきて良かったなあ」憧れの中井義則先生を前にして、キン肉マン愛溢れるサンドの二人は今週もテンションマックスです。


伊達「初めてアンケートで1位を取ったのはあの回だったんですか…」
富澤「集英社さんから何かご褒美はあったんですか?」

中井「相棒の嶋田はトンカツ、特上のロースかなんかを食わせてもらったらしいですが、僕は一切ごちそうされたりは何もなかったですね(笑)」サンド「ええ〜!それはおかしな話ですね」中井「ちょっと言ってやってください(笑)」


収録後の記念撮影。「久しぶりのラジオで、しかも一人で緊張していましたが、お二人の優しさのおかげで楽しかたです」大御所なのに信じられないくらい控えめな中井先生に、サンドの二人も恐縮しきりでした。


お楽しみのサインタイム。


やったー!!!番組あてだけではなく、伊達さん富澤さんもそれぞれにもサインをいただいて大喜びでした。この収録後、なんと原作担当のゆでたまご嶋田隆司先生のゲスト出演も決定!今から質問も募集中です。メールアドレスは・・・ jump@tbs.co.jp   です!

中井先生にとって「週刊少年ジャンプ」とは?
「漫画家ゆでたまごを育んでくれた、親のような存在です」(ゆでたまごの中井義則先生)

 

 

読者が最も気になる「超人強度」について、『作者なのに…と思った事件ベスト3』などなど、
聞き逃した方は是非、ラジコのタイムフリー(放送後1週間以内)でお楽しみください。

 

描くのが一番面倒くさい超人は?人気があったのに連載をやめた理由は?…などなど、時間の関係で放送ではカットされたエピソードが聞ける完全版はTBSラジオクラウドでお楽しみください!(権利の関係上、音楽はカットされています)⬇️

 

♪中井義則先生が選んだ一曲!
ゴールデンスランバー/The BEATLES
ビートルズの言わずと知れた超名盤「アビーロード」のアナログ盤B面のメドレーの中の1曲。
「この曲をはじめアビーロードは、聴くと創造性を刺激されるといいますか、新しいクリエイティブな部分が自分の中から引っ張り出してくれそうな、そういうアルバムです。大好きで執筆前にはよく聴いています」(中井先生 談)。

 

【NEXT WEEK】
 3月10日(土)のゲストは『みどりのマキバオー』でおなじみ、つの丸先生です!お楽しみに!

番組では、先生たちへの質問もお待ちしてます!
現在『キャプテン翼』の高橋陽一先生、『キン肉マン』の原作担当、ゆでたまごの嶋田隆司先生への質問を募集中です!

 

メールアドレスは・・・ jump@tbs.co.jp   です!
番組で紹介させていただいた方には、ビックリマンチョコ風のステッカーを3枚
プレゼント!

ジャンプ


『サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ』は毎週土曜 24:30〜24:59放送。AM954kHz、FM90.5MHz。PCやスマートフォンでは”radiko”でもお聞きいただけます。
【週刊少年ジャンプ】

ジャンプ50ロゴ

1968年7月に月2回刊行の「少年ジャンプ」としてスタート。1969年9月から週刊化。数々の大ヒット作を次々に生み出しながら、1994年末にはマンガ誌として史上最大発行部数653万部を記録。コミックスの累計発行部数が1億部を超える作品を多数創出し、少年マンガ界を牽引し続けている。2018年に創刊50周年を迎え、様々な記念企画が進行中。