お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

真冬のスペインでカルゾッソ

コシノジュンコ MASACA

1月にスペインに行ってきました。日本とスペインの外交関係樹立150周年、スペインにおける日本年ということで、日本の伝統芸能とモードをテーマに大使公邸でショウを開いたんです。

大使公邸のお庭がけっこう広くて、そこに3日かけてテントを張って。スペインって暖かいと思ったら、トンデモナイ、マドリッドに着いたら寒いの! 日本とあんまり変わらない。しかも、テントを立て終わってもまだ暖房が入ってなくて、暖房も点けるんだけど、4時間ぐらいしかもたないから、本番1時間前まで点けさせてもらえないの! そんなところでモデルのリハーサルをしなきゃいけなくて、こんな寒くてどうなるの?!って感じ。でも、VIPのお客様が200人ぐらい、大勢いらっしゃいましたよ。

それから、さすがスペイン・マドリード、美味しいものをいただきました!
ずっとパエリアが食べたいって思ってて、あまり恵まれなかんったんですが、最後の日に本当に美味しいパエリアを食べました。その前にはトレドに行って、見晴らしのすごくいいレストランでカルゾッソっていう料理を食べました。名前も初めて聞きました。パエリアのうえにエビとかタコとかのっていて、ふにゃふにゃっとして、でも噛み応えがいいんですよ。雑炊やおじやみたい。味もごくおいしくて。食べ物がおいしいとまた行きたくなりますよね。