お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「海外で注目を集める70年代の日本のポップス、その背景を探る」

ジェーン・スー 生活は踊る

音楽ジャーナリスト高橋芳朗さんによる音楽コラム「海外で注目を集める70年代の日本のポップス」特集

「海外で注目を集める70年代の日本のポップス」特集/span>http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20180302112441

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

※以下、番組内容書き起こし by みやーん(文字起こし職人)

【高橋芳朗】
今週はこんな感じで! 「海外で注目を集める70年代の日本のポップス、その背景を探る」。このコーナーでは海外で企画された日本のポップスのコンピレーション/オムニバスアルバムをたびたび紹介してきましたよね。いままで取り上げたのは70年代〜80年代の和物ディスコに焦点を当てたアルバムでしたが、その一方で日本の70年代のフォークロックを集めたコンピレーションも発売になっているんです。こちら、持ってきました。

【ジェーン・スー】
これって洋楽として出てるの?

【高橋芳朗】
まあ、そういうこと。シアトルのレコード会社からリリースされてるんですよ。

【ジェーン・スー】
へー! ジャケットは下北沢のインディーズレーベルが出したアルバムみたい。

【高橋芳朗】
うん、ジャケットのアートワークは日本人の方が手掛けてます。タイトルは『Even a Tree Can Shed Tears: Japanese Folk & Rock 1969-1973』。これがまあ非常に興味深い内容で。収録アーティストは、はっぴいえんど、加藤和彦さん、遠藤賢司さん、浅川マキさん、吉田拓郎さんなど、計19曲。この時代の日本のフォークロックがこうしてまとまったかたちで海外で正式に紹介されるのはこれが初めてみたいですね。現地でも結構な話題になっていて、ニューヨークタイムズで特集記事が組まれていたりするんですよ。

【ジェーン・スー】
そうなんだ!

【高橋芳朗】
では、まずはこのコンピレーションから1曲紹介しましょう。金延幸子さんの「あなたから遠くへ」、1972年の作品です。プロデュースを務めているのは細野晴臣さん。この曲は90年代に渡辺満里奈さんが大瀧詠一さんのプロデュースでカバーしていたから、彼女のバージョンで知っている方もいるかもしれないですね。で、このコンピレーションはライナーノーツもめちゃくちゃ充実してるんですよ。

【ジェーン・スー】
すごいね、かなりの厚み。

【高橋芳朗】
金延幸子さんの解説文にはこんなことが書いてあります。「Kanenobu is often compared to Joni Mitchell for her pure crystalline voice」。つまり「金延の透明感のある歌声はしばしばジョニ・ミッチェルと比較される」と。実際、和製ジョニ・ミッチェルと呼ぶにふさわしい素晴らしい作品です。

M1 あなたから遠くへ / 金延幸子

【ジェーン・スー】
いい曲ですねー。

【高橋芳朗】
ね、本当に。この『Even a Tree Can Shed Tears: Japanese Folk & Rock』はシアトルの「Light In The Attic」というレーベルから発売されているんですけど、これはこのレーベルが始めた日本の往年のポップスを紹介する「Japan Archival Series」の第一弾なんですよ。今後のリリースもすでに2タイトル決定していて、そのうちひとつは70年代の日本のシティポップ/AORを集めたものになるんだそうです。どんな選曲になるかすごく楽しみなんですけど、でも現在なぜ海外でこんなふうに70年代の日本のポップスに注目が集まっているのか、ということですよね。CMを挟んでその背景を考えてみたいと思います。

(CM)

【高橋芳朗】
日本の70年代のポップスが海外で聴かれるようになった背景には、やっぱりYouTubeの存在が大きいと思います。世界のどこからでも簡単に日本の音楽にアクセスできるような環境がつくられたわけですからね。ただ、きっかけになった決定的なポイントはまちがいなくいくつかあったはずで、そのひとつの大きな転機と考えられるのが2003年に公開されたアメリカ映画の『ロスト・イン・トランスレーション』です。監督はソフィア・コッポラ、主演はビル・マーレイとスカーレット・ヨハンソン。この映画は東京が舞台になっていたわけですが、それに応じてサウンドトラックにははっぴいえんどの「風をあつめて」が収録されていました。これ、覚えてる方多いんじゃないですかね?

【ジェーン・スー】
うんうん。

【高橋芳朗】
なぜ『ロスト・イン・トランスレーション』ではっぴいえんどの曲が使われたかというと、この映画の音楽プロデューサーがコーネリアスの小山田圭吾さんに映画に合うような日本の曲をいくつか選んでもらって、そのなかから彼とソフィア・コッポラがはっぴぃえんどをチョイスしたという経緯があるそうです。これは当時非常にインパクトのある選曲でした。

M2 風をあつめて / はっぴいえんど

【高橋芳朗】
アメリカで日本の70年代のポップスにスポットが当たったケースとしては『ロスト・イン・トランスレーション』の公開と同じ時期にもうひとつあるんです。2005年にアメリカのニコル・レイという女性R&Bシンガーが、山下達郎さんの1977年の曲「Dancer」を結構大胆にサンプリングした「Can’t Get Out The Game」という曲をつくっているんですよ。これはもう実質カバーといっても差し支えない内容で出来もいいんですけど、残念ながらお蔵入りになっちゃって。

【ジェーン・スー】
あらー!

【高橋芳朗】
ニコル・レイは大手のレコード会社に所属しているアーティストだったから、正式にリリースされていたらそこそこヒットしていた可能性もあったと思うんですけどね。権利の関係でその音源を紹介することはできないんですが、インターネット上には出回っているの興味のある方は各自チェックしてみてください。なので、ここでは原曲の山下達郎さんの「Dancer」を流してもらいましょうか。

BGM Dancer / 山下達郎

【高橋芳朗】
で、ここで強調しておきたいのは、ニコル・レイの「Can’t Get Out The Game」で山下達郎さんの「Dancer」が引用されたのはぜんぜん偶然とかではないんですよ。「Dancer」はもともと海外のDJのあいだで人気の高い曲だったんです。実際、僕も2000年ごろにニューヨークのDJが70年代のアメリカのソウルやファンクと一緒に「Dancer」をかけているのを聴いたことがあって。

【ジェーン・スー】
ほうほう。

【高橋芳朗】
あと、アメリカの有名なヒップホッププロデューサーでジャスト・ブレイズという人がいて。彼はマライア・キャリーやビヨンセのヒット曲も手掛けているスーパープロデューサーなんですけど、そのジャスト・ブレイズが「Dancer」が収録されている山下達郎さんのアルバム『Spacy』を取り上げて「こいつは超ヤバいんだ!」って紹介していたこともあるんです。だから、その筋だと「Dancer」は半ば定番化しているようなところがあるんですよね。

【ジェーン・スー】
うん。

【高橋芳朗】
こうやって日本の70年代のポップスがアメリカのポップミュージックで引用されたケースはわりと最近にもあって、2014年にはいまのアメリカのヒップホップシーンを代表するラッパーのJ.コールが、「January 28th」という曲でハイ・ファイ・セットの1975年の作品「スカイレストラン」をサンプリングしているんですよ。ちょっとかけてもらいましょうか。

BGM January 28th / J. Cole

【高橋芳朗】
もうこのオケがもろに「スカイレストラン」なんですけどね。で、この曲が収録されているJ・コールのアルバム『2014 Forest Hills Drive』はグラミー賞の最優秀ラップアルバム賞にノミネートされていて。

【ジェーン・スー】
おーっ!

【高橋芳朗】
しかも、全米チャートで堂々の初登場1位。アメリカだけで200万枚以上も売れています。さらにいうと、この曲ってアルバムの1曲目なんですよ。

【ジェーン・スー】
なるほど、めっちゃ聴かれてるわけだ。

【高橋芳朗】
そういうこと。だから、アメリカ国内で200万枚も売れているアルバムのド頭にこんな曲が入っていたら、それはやっぱり日本の音楽に目を向けさせるのに十分なインパクトがあると思うんですよね。

M3 スカイレストラン / ハイ・ファイ・セット

【高橋芳朗】
いまYouTubeにアップされているハイ・ファイ・セットの「スカイレストラン」のコメント欄を見ると海外のユーザーが「J・コールはこの曲を使っていたのか!」みたいなことが書いてあるわけですよ。さっきかけたはっぴいえんどの「風をあつめて」のコメント欄にしても書き込んでいるのはほとんど海外のユーザーで。

【ジェーン・スー】
へー!

【高橋芳朗】
で、やっぱり「Lost in Translation brought me here」(『ロスト・イン・トランスレーション』でこの曲を知った)」みたいなことが書いてあるんです。だから、こういった目立った場で使われた曲を足掛かりにして日本のポップスを掘り下げているようなところもあるんじゃないかなと。今後も海外で日本の往年のポップスを集めたコンピレーションがどんどんリリースされていくようなので、こういう状況はさらに加速していくかもしれませんね。またなにか動きがあったら取り上げていきたいと思います!

―― ◇ ―― ◇ ―― ◇ ―― ◇ ―― ◇ ―― ◇ ――
当ラジオ番組では「日々の生活に音楽を」をコンセプトに、音楽ジャーナリスト・高橋芳朗さんによる洋楽選曲を毎日オンエア(稀にかかる邦楽はディレクター選曲)。最新1週間のリストは以下です。

2/26(月)

(11:06) Shout To The Top / The Style Council
(11:43) The Sweetest Taboo / Sade
(12:22) It’s a Miracle / Culture Club

2/27(火)

(11:03) Hazy Shade of Winter / Bangles
(11:17) Your Love / The Outfield
(12:16) Tonight She Comes / The Cars
(12:26) Wild Wild Life / Talking Heads

2/28(水)

(11:03) Blue Jean / David Bowie
(11:44) Harlem Shuffle / The Rolling Stones
(12:15) Don’t Stop The Dance / Bryan Ferry
(12:51) Get It On (Bang a Gong) / The Power Station

3/1(木)

(11:02) Let’s Go Crazy / Prince & The Revolution
(11:42) Original Sin / INXS
(12:17) Union of The Snake / Duran Duran

3/2(金)

(11:02) Don’t You (Forget About Me)  / Simple Minds
(11:16) If You Leave / Orchestral Manoeuvres in the Dark
(12:18) Bizarre Love Triangle / New Order