お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

プロの「サウナ―」が語る「サウナの魅力は水風呂」

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

今日、3月7日は、3と7の語呂合わせで「サウナの日」だそうです。サウナの歴史は古く、誕生したのは、2000年以上も前の北欧フィンランドだという説があります。なぜ、フィンランドでサウナが生まれたのでしょうか?日照時間の短いフィンランドは太陽の恩恵が少なく、体が冷えてしまいがち。そこで、厳しい寒さと労働の疲れをいやすために、体を温めるサウナが生み出されたようです。
    
今回は、サウナのイロハをサウナに詳しい方に教えてもらいました。民間初のサウナ・スパ管理士で、年間700回以上もサウナに入る、サウナのプロ!プロサウナーとも言われている、「ヨモギダ」さんという男性に伺いました。

まず、サウナの魅力はどこにあるのか?それは、「水風呂」だそうです。サウナの主役は「水風呂」。サウナで弛緩した血管を水風呂で収縮させ、休憩をする。これで体内を血液がどんどん循環してくれるそうです。

では、サウナに通う事で、どのようなメリットがあるのか?プロサウナーのヨモギダさんから、にわかに信じられない驚きの回答をもらいました。年間700回もサウナに通うようになってからは、体温が上がって、平熱が37度ぐらいあるそうです。体温が上がったおかげで、寒さに強くなって、風邪もほとんど引かず、東京では冬でもコートを着なくなったそうです。
  
そんなプロのサウナー、ヨモギダさんが注目しているサウナは何か?それは、「昔ながらのクラシックなサウナ」だそうです。シンプルに熱いサウナと冷たい水風呂。装飾的な演出ではなく、本来のサウナの魅力を発揮できているかどうかが重要になってくるという事です。さらに、オススメのサウナも伺いました。それは、ズバリ「家から近いサウナ」。サウナで汗をかく事を習慣にするには、通いやすさが大切。汗を流した後で、長時間移動するのもツラいため、近所のサウナを愛して、通い続ける事がサウナの達人「サウナー」への近道だという事です。

番組ではみなさんからのお便りをお待ちしています。
Eメールの場合は、番組ホームページから。
お葉書の場合は、郵便番号107の8066 TBSラジオ
『檀れい 今日の1ページ』までお送りください。

お便りを採用させていただいた方には、クオカード3千円分と、CMでお馴染みの曲「いすゞのトラック」のCDを差し上げます。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。