お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【放送後記&聞き逃した方へ】ゲストは前回に引き続き『みどりのマキバオー』でおなじみ、つの丸先生でした!TBSラジオ✖️週刊少年ジャンプがコラボ!『サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ』毎週土曜24:30〜24:59。第38回(2018年3月17日)放送分。

サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ

「週刊少年ジャンプ」の創刊50周年を記念して、今までに連載された様々な作品が集う「週刊少年ジャンプ展vol2」が開催決定!会場は、六本木ヒルズ 森タワー52階、森アーツセンターギャラリーです。詳しくはこちら!

ジャンプPARTY
ジャンプマンガを無料で読める、2ゕ月間限定の最強キャンペーン実施中‼ 過去の作品から連載中の作品まで、読めるマンガは100作品以上!! キミはいくつ読める?詳しくはこちら!

カラーバージョン サイズ変更
「週刊少年ジャンプ」が2018年に創刊50周年を迎えることを記念してTBSラジオで新番組「サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ」がスタート!普段は滅多にメディアに出ることのない「週刊少年ジャンプ」の漫画家先生たちをゲストに、MCのサンドウィッチマンが、ここでしか聴くことのできない、スペシャルなトークを展開します!


3月17日(土)のゲストは前回に引き続き『みどりのマキバオー』でおなじみ、つの丸先生でした!


伊達「先生、先週はどうでした?」
つの丸「ちょっと調子に乗っちゃって反省しています…そういうタチなんで」
伊達「反省から入るのやめましょうよ(笑)今週も楽しく行きましょう」


つの丸「宮下あきら先生という存在が大好きですが(先週言ったように)大御所から逃げ回っているのでお会いした事がありません」
伊達「ごあいさつ行きましょうよ(笑)」


つの丸「競馬で『あしたのジョー』を描こうと思ったのがマキバオーです。どれくらい好きかというと…単行本の8巻で力石が死ぬじゃないですか。マキバオーの8巻でも重要なキャラクターのチュウ兵衛が死んじゃう。そっくりですよ」
富澤「そっくりはマズイんじゃないですか(笑)」


伊達「先生、2週いかがでしたか?」
つの丸「楽しかったけど心配ですね。リスナーにどういう取られ方をするのか?」
伊達「心配なのはこっちですよ(笑)」


おしまいに先生が描いてくださったサイン。「か、か、かわいい!!!」。あまりに面白すぎて、超不思議な人だったけど、やっぱり本業は漫画家だった!(←先生ごめんなさい)

 

伊達「つの丸先生にとって週刊少年ジャンプとは?」
つの丸「青春ですね!(キッパリ)」
富澤「先生、照れるのやめてもらっていいですか?」(笑)
つの丸「たぶん、こう言えばいいんだろうなーと」
伊達「テキトーに言ってんな。たぶん」(笑)

 

『漫画家つの丸の心の師匠的漫画ベスト3』とは?マキバオーは落書きから生まれた?などなど… 聞き逃した方は是非、ラジコのタイムフリー(放送後1週間以内)でお楽しみください。

 

意外にアウトドアな先生のプライベートや、先輩漫画家先生との交流、などなど…時間の関係で放送ではカットされたエピソードが聞ける完全版は、TBSラジオクラウドでお楽しみください!(権利の関係上、音楽はカットされています)⬇️

 

♪つの丸先生が選んだ一曲!
OH!忙し/ニューロティカ
「マキバオー」を連載している当時すごい忙しかったんですよ。その時に毎日聴いていた曲で、ポジティブに忙しい毎日を送ることができる曲ですね(つの丸先生談)。

 

 

【NEXT WEEK】

 3月24日(土)のゲストは『ワンピース』の初代担当編集、現在は集英社キャラクタービジネス室室長の浅田貴典(あさだ たかのり)さんです!

番組では、先生たちへの質問もお待ちしてます!
現在『キン肉マン』の原作担当、ゆでたまごの嶋田隆司先生への質問を募集中です!

 

メールアドレスは・・・ jump@tbs.co.jp   です!
番組で紹介させていただいた方には、ビックリマンチョコ風のステッカーを3枚
プレゼント!

ジャンプ


『サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ』は毎週土曜 24:30〜24:59放送。AM954kHz、FM90.5MHz。PCやスマートフォンでは”radiko”でもお聞きいただけます。
【週刊少年ジャンプ】

ジャンプ50ロゴ

1968年7月に月2回刊行の「少年ジャンプ」としてスタート。1969年9月から週刊化。数々の大ヒット作を次々に生み出しながら、1994年末にはマンガ誌として史上最大発行部数653万部を記録。コミックスの累計発行部数が1億部を超える作品を多数創出し、少年マンガ界を牽引し続けている。2018年に創刊50周年を迎え、様々な記念企画が進行中。