お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

家具の「レンタルサービス」は学生や単身赴任の人にピッタリ!

ジェーン・スー 生活は踊る

新生活を始めるにあたり、家具選びを始めた人もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、インテリアライターでスタイリストのくろだ・あきこさんに「家具選びに役立つ情報」を伺いました。

家具選びの大前提は「質感」

色味のことは考えても、意外と質感のことは考えない人が多いんです。ザラザラ・ツルツルなど「質感」も揃えて家具を購入するようにしてください。

椅子は“身長”で選ぼう!

椅子は、机の高さや自分の身長にフィットするかなど、いろんな条件を考えたうえで選ぶ必要があり、実は自分の身体にぴったり合ったものを購入するのが難しい家具です。ニトリの椅子に関しては、座る面の高さが42cm程度のものが多く、日本人の体型に合わせたサイズ感と言えます。海外のダイニングチェアになると46cm以上になってしまい、背の低い人が使用すると足がむくんでしまったり、太もも裏が痛くなることがあります。そう考えるとだいたい170cm以下の人は、ニトリ、身長170cm以上の人は、座る面に高さがあるIKEAや無印良品を参考にすると良いでしょう。ただ、実際購入する際は、靴を脱いで座ってみて、自宅で使う状態に近づけて座ってみましょう

自分の部屋に合うのは「ニトリ」「IKEA」「無印良品」?

ニトリは、椅子以外の家具も基本サイズが日本人向けで作られています。IKEAは、海外ブランドということもあり、サイズ感がゆったりしており、ルームセットやカタログが充実しているので使用時のイメージが湧きやすい。無印良品は、洗練されたシルエット、色々使える汎用性の高さがポイント。以上を、自分の部屋に合っているのか考えて購入するのがオススメです。

家具選びに困ったら「レンタルサービス」

最近の通販サイトは、ディテールの説明も細かく、「寄り」でも見られるサイトが多い。中でも、置く場所のサイズを測りながら冷静に考えられることは最大のメリット!欲しい家具を見つけたら、新聞や模造紙をそのサイズに切って、置きたい場所に置いて、イメージするのもオススメ。通販でいうと、“ディノス”というオンラインショップでは、フレクトという家具のレンタルサービスがあり、購入に躊躇している方、学生さんや単身赴任など、住む期間が限られている人が使いやすい通販サイトもあります。家具選びに悩んでしまったら、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか!