お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【常に行列】上野動物園のパンダ「シャンシャン」攻略法。ヒントは・・・弁天門!

ジェーン・スー 生活は踊る

上野動物園で大人気の赤ちゃんパンダ「シャンシャン」。あのカワイイ上野の看板娘に逢いたい!と思っても、連日、観覧のための行列が出来るほどの人気で、簡単にはいかない状況です。そこで今回は、どうやったら「シャンシャン」に逢えるのか、攻略法はないのか、調査してみました。

「入園券」と「整理券」が必要


「シャンシャン」を観覧するためには、上野動物園の入園券(600円)、そして観覧のための整理券(無料)が必要で、この整理券を貰うために毎日朝から行列ができています。そのため午前中には、その整理券がなくなってしまうこともしばしば。ですので、まずは「整理券」のポイントをいくつか押さえおきましょう!

▼整理券の数は毎日9500枚を配布
▼動物園に入園してから整理券を貰う仕組み
▼上野動物園の入口は表門、弁天門、池之端門があり、整理券は表門から入った人のみが貰える。他の入り口から表門に向かってももらうことはできない。
▼表門には2つ並ぶ列があり、一つは入園チケットを持っていない人の列。もう一つは事前に入園チケットを持っている列。
▼整理券は表門から入園後、すぐに貰える
▼観覧には年齢に関わらず一人一枚が必要。代表の人が並ぶなどはダメできない
▼もらった整理券には、約20分ごとに観覧時間の指定あり(例:10時10分~10時30分の整理券)

※攻略のポイント
入園券を買う人の列より、入園券を持っている人の列の方が圧倒的に短いので、可能であればチケットを事前購入しましょう。チケットには期限がないのでいつ買っても大丈夫です。ただ、上野動物園のチケット売り場のみでの販売でコンビニなどでは買うことができませんのでご注意を。

表門

弁天門

池之端門

チケットは弁天門で買うべし!

百聞は一見に如かず。真冬に逆戻りした「春分の日」。整理券を貰いに3人で、それぞれ別の時間と方法で並んでみました。

開園前の8時の表門の様子

▼朝8時に表門に並ぶ(入園券なし)
一人目はわかりやすく、あさ早くから表門に並んで整理券を手に入れる方法です。開園は9時半ですが、朝8時から表門に並んだところ、この時点で200人近くが入場待ち。開園5分前の9時25分には入園券の販売が始まり、そのままゲートを通過して、9時35分~10時の整理券を手に入れることができました。

▼9時に表門に並ぶ(入園券事前購入)
二人目は9時を事前購入済みの入園券を持っている人の列に並びました。開園後はスムーズに進み、8時に並んだ一人目と同じく、9時半ごろには整理券を手に入れることができました。こちらは10時10分~10時30分の整理券でした。

▼9時半に弁天門で入園券
そして三人目は、一番ゆっくりの方法です。9時半に表門ではなく、少し離れた弁天門で入園券を購入します。並んでいる人は30人だけなのですぐに購入できます。購入したら入園せずに、歩いて表門に回って9時35分頃には入園。10時40分からの整理券を手に入れることができました。

上野動物園に到着した時間は違えど、3人ともほとんど変わらない時間に整理券を手に入りました。つまり、一番楽といえるのは「9時半に弁天門で入園券を購入、表門へ回り入場」というパターンです。ただ、この数分の違いで観覧時間も変化しますので、早い時間で見たい方はご注意を!ちなみに、家族などで並んで整理券の時間がズレてしまった場合は、一番遅い人に合わせて観覧することができます。

整理券の状況は上野動物園のツイッターをチェック

上野動物園の公式ツイッターでは、整理券の情報を流しています。「今は●●間の整理券を配布中」「整理券の配布が終了」などなど、事前にチェックしておくのがよいでしょう。今回、そのツイッターから、ここ1カ月(2/21~3/20)の平均配布終了時間を出してみたところ、平日は平均で12時9分、土日祝日は10時34分となりました。ただ、あくまで目安ですし、これから花見のシーズンになりますとより混雑してきますので、ある程度、早めの行動は必要になってきます。

「毎日パンダ」の高氏さんからのアドバイス

上野動物園のパンダに関しては、大先輩のパンダラバーがいらっしゃいます。シャンシャンが生まれるずっと前から、上野動物園に毎日通ってパンダの写真を撮影。画像をブログ『毎日パンダ』にアップしているのが高氏貴博にアドバイスをもらいました。

高氏さんはこれからの時季、桜もキレイになるので開演の1時間前には並んで、先頭近くで入るようにしているそうです。朝一番で行くのは、「他の誰よりも先に見たい」というよりは「起きたばかりのパンダに逢える」という理由から。春になって活発化してきて、朝はよく動いているところが見られるそうです。そして服装のポイントも。写真を撮る場合、白系だと服がガラスに写り込んでしまうことがあるので、黒っぽい服を着て行くのがオススメだということでした。



この春、ぜひ、シャンシャンを観に、上野動物園に遊びに行ってみてください!もし行けない場合はライブカメラでも見ることができますので、ご覧になってみてください!