お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

空気階段の踊り場 第50回『UFO見てんだよ!』(千葉県・もぐら母)

空気階段の踊り場

若手芸人・空気階段がお送りする教養バラエティ「空気階段の踊り場」。毎週金曜日24時30分から25時00分まで「マイナビ・ラフターナイト」の中で放送中。

 

3月23日(金)放送の第50回は、、、

家庭教師時代の教え子に遭遇するも、お笑い芸人をやっていることを打ち明けられなかった かたまり。

 

思い出話に花が咲いたあと、喫茶店のコーヒー代くらい奢ろうと思ったら、財布に200円しか入っていなくて、大学1年生の元教え子におごってもらった かたまり。

 

情けなくて情けなくて落ち込んだまま ネタ合わせに向かったところ、待っていた もぐらが…

 

「聞いてくれよ、、、山手線でうんこもらしちゃってさぁ」

下には下がいるものです。。。

 

記念すべき第50回目は、今まで隠されていた存在“もぐらの妹”についてお話しました。

2人目の父が離婚して家を出て行ってから、母は働きに出るにようになりました。妹の面倒は自分がみなくちゃ、、、と決心したもぐら。ミルトンで哺乳瓶を殺菌して、粉ミルクをあげる毎日。友達の家に遊びに行くときは、おんぶ紐で妹を抱いて行きました。 どんなに大変でも、妹が笑ってくれたら辛くありませんでした。もぐら11歳、妹2歳の時です。

言葉を覚えてからは「あんちゃん遊ぼ!」と、いつも後ろをついてまわるようになりました。母が忙しくて帰るのが夜遅くなっても、妹が寂しくないように 一緒に遊んであげました。家計が厳しいのでTVゲームはありません。遊びはカルタやトランプ。

 

そんな妹が一番好きだった遊びは、UFOを見ること。

 

――――ある日、仕事から帰ってきた母が、外で空を見上げてました。 「なにしてるの?」と聞くと、

「UFO見てんだよ!」

夜空を見上げると、何色にも色を変え点滅して移動する光がいくつもあります。バラバラに移動していた光は、次第に一点に集合しました。あれは間違いなくUFOでした。母、もぐら、妹  は しばらく夜空を見上げていました。久しぶりに母と一緒に過ごす時間。離散しかけていた家族がまた一つになった瞬間でした。夜空に輝く あの光のように。

 

 

それから妹は、ことあるごとに「あんちゃん、UFO見にいこ!」とさそってくるようになったのです。

 

時は経ち、お笑い芸人になった兄・鈴木もぐら。風俗・ギャンブルで作った借金600万円。このキャラを武器にクズ芸人としてTVに出ることもよくあります。鉄骨だって渡ります。

 

あの頃「あんちゃん!あんちゃん遊ぼ!」となついていた妹は今、もぐらにお願いしていることがあります。

 

「妹がいることは絶対に言うな」

あの頃、一点に集まって輝いていた“あの光”はもう見えません。

それでも、、、今でも夜空を見上げると聞こえてくる気がします。

 

「あんちゃん、遊ぼ!」

 

 

【お知らせ】

4月9日発売「TVBros.」の『ウィキ直し』というコーナーに、空気階段の2人が登場。

★twitterのハッシュタグは、#odoriba954 です!

★コーナー「お叱りもえちゃん」募集中!

~水川かたまりの優しい心配性なお母さんこと“もえちゃん”が禁止しそうなことを募集!

そのほか、質問・感想・ダメ出し…すべてのあて先はメールアドレスodoriba@tbs.co.jp まで。