お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

日本で大流行した【カチューシャの歌】

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

1914年大正3年3月26日、前の年に結成された芸術座のはじめての公演がおこなわれました。演目は、トルストイ原作の「復活」
ここで歌われた劇中歌が、日本で大流行します。歌謡曲のさきがけとも言われている【カチューシャの歌】です。

「復活」の主人公は、ロシアの青年貴族。ある時、陪審員として裁判に立ち会うことになるのですが、そこで裁かれようとしている女性を見て、彼は驚きます。彼女は【カチューシャ】。それは、かつて自分がひどい捨て方をした女性でした。
恋の物語でもありますが、社会への批判も書かれている、トルストイの名作のひとつです。

大正3年の舞台「復活」で、ヒロイン【カチューシャ】を演じたのは、女優・松井須磨子でした。
須磨子は、文芸評論家であり劇作家でもあった島村 抱月とともに、芸術座を立ち上げています。須磨子と抱月は、それまで籍を置いていた【演劇研究所】をやめ、この芸術座を設立しているのですが、そのきっかけとなったのは、ふたりの【道ならぬ恋】でした。
妻子がある抱月と、研究所の看板女優・須磨子の恋。これがスキャンダルとなって、研究所にいることができなくなり、ふたりで新しい劇団を立ち上げたのです。しかし、芸術座の設立からおよそ4年後、抱月は病気でとつぜん他界。須磨子はその翌年のはじめに、愛する人のあとを追って、自らの命を絶ってしまいます。舞台では、さまざまな女性の愛と悲しみを演じてきた松井須磨子ですが、彼女自身もまた、劇的な人生を駆けぬけたようです。

番組ではみなさんからのお便りをお待ちしています。
Eメールの場合は、番組ホームページから。
お葉書の場合は、郵便番号107の8066 TBSラジオ
『檀れい 今日の1ページ』までお送りください。

お便りを採用させていただいた方には、クオカード3千円分と、CMでお馴染みの曲「いすゞのトラック」のCDを差し上げます。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。