お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

第十三回『伊集院光とらじおとクルマと仕事と』⇒広島県尾道市のレンタサイクル業「しまなみジャパン」さんを訪問!

伊集院光とらじおとクルマと仕事と

伊集院光とらじおとクルマと仕事と

車を使って仕事をしている様々な業種の現場にリポーターを派遣して、
その仕事ならではの「喜び」や「やりがい」、「苦労」や「夢」などを伺っていきます。

3カ月に渡ってお送りしてきましたこの番組も、いよいよ今回が最終回!

リポーターは、東塚菜実子さんです!

第十三回の取材先は、広島県の尾道駅前でレンタサイクルを運営する、「一般社団法人 しまなみジャパン」さんです!

「しまなみ海道」のサイクリングの魅力を発信していらっしゃいます!

「しまなみ海道」は、広島県の尾道市から、愛媛県の今治市まで6つの島を通って瀬戸内海を横断するサイクリングロードで、全長およそ70キロのコースです!

その人気は年々高まっていて、今や「サイクリストの聖地」とまで言われるようになり、CNNの「世界の最も素晴らしい7大サイクリングコース」の1つにも選ばれました!

今回は「しまなみジャパン」の宗近朗さんに、しまなみ海道の全行程の中でここだけは見て欲しいという場所を教えてくれました。
それは、伯方島と大島の間にある小さな島・「能島」です!

伯方島から大島に渡る橋から見える島なんですが、ここは村上海賊という海賊の本拠地だった島で、周りの海流が激しく、川のように流れているので、それを見て瀬戸内の自然を感じて欲しいということでした。

道路にも青い線がひかれていて走りやすい!


「しまなみジャパン」では、もし途中でキツくなっても、それぞれの島にあるターミナルに返却できるので、サイクリングを無理なく、気軽に楽しめます!

しまなみジャパンさんでも、ターミナルの自転車のピックアップやパンクした自転車の交換などで軽キャブバンが大活躍だそうです。

主任の安川岳志さんは、新しいハイゼットカーゴ見て、カラーバリエーションが豊富なので、「しまなみジャパン」の水色のカラーとも合うので、良いですね!とおっしゃっていました。

取材を終えて思ったことは、軽キャブバンを使って仕事をされている方が全国に本当にたくさんいらっしゃいました!

ダイハツさんの「車を使って働いている現場の人の思いを取り上げる番組を作って欲しい」という願いと、我々の「今カーラジオでこの放送を聴きながら働いてるよ!という人との接点を持ちたい」という思いが合体した番組でした。全13回の中でその思いを少しでも感じていただけていたら幸いです。

※放送の模様は、以下のラジオクラウドで!