お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

掃除するなら「4月7日・8日」がおすすめ。その理由は?【気象予報士が解説】

ジェーン・スー 生活は踊る

番組お抱え気象予報士・増田雅昭さんのお天気コラム、今回は「掃除の大敵“春の3K”」をテーマにお話をお送りしました!

春の掃除の大敵“3K”

年度末ということで、新たな環境に変わる方など、掃除をする機会も増える時期ですね。
お天気的に考えると、春はやっかい。「花粉」「黄砂」「強風による砂埃」…つまり「春の3K」による汚れが増える季節です。これらは、春のお掃除の大敵。窓清掃業者の方も、春は一番大変な季節だそうです。

その①花粉

▼今年の花粉飛散総量(スギ・ヒノキを合わせて)は、都心では現時点で7割ほど終わりました!ただ、スギ花粉は終わりに近づく一方、これからピークになるのが「ヒノキ」の花粉。全て落ち着くのはゴールデンウィーク頃です。
▼「窓」は花粉が付着して、いつもより汚れていることも。意識的に掃除しましょう。

その②黄砂

▼黄砂が飛来するピークは3、4、5月。そのなかでも4月が最も多く、平均的には1か月のうち9日ほど、全国のどこかで黄砂を観測しています。
▼黄砂がついたまま洗車をしてしまうと、細かい黄砂によって車体が傷ついてしまうので、水で黄砂を洗い流してからが良いそうですよ。

その③強風による砂ぼこり

▼乾燥している春は、砂ぼこりが舞い上がりやすく、ひどい強風の日には、空が茶色になることも。砂ぼこりが部屋に入ってきてしまうと、掃除は大変!特に、3月~4月に強風は多くなります。
▼ちなみに、寒冷前線が通ると、砂ぼこりが大規模に舞い上がるような強風になることがあるので、天気予報で「寒冷前線が・・・」というワードが出たら、気をつけて!

これからの時期、掃除に最適な日は・・・

4月7日・8日は、雨上がり(6日が雨予報)なので、大気中のチリやホコリが収まり、オススメ。その後も、しばらく晴天が続きそうです。掃除の大敵3Kが完全に終わってから、キレイに掃除したいというかたは、5月のなかば以降まで待つことになりそうです。

<お知らせ>
4月3日火曜日、東京駅近くの八重洲ブックセンターで、講演会と「TEN-DOKU クイズで読み解く天気図」のサイン会があります。時間は19時〜。見に行ってみたい!増田さんのサインが欲しい!という方は、「八重洲ブックセンター」のHPを参考に、申し込みをしてください!