お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

顔だけの大仏「上野大仏」

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

4月8日は「大仏の日」。
752年4月9日、奈良の東大寺で、大仏さまの開眼供養が行われたことにちなんで、この日が記念日になっているそうです。

開眼供養というのは、仏像を完成させるときに行われる法要のことです。大部分をつくっておいて、最後に眼を描き入れることで、人間がつくった造形物が、「仏像」として完成するのです。東大寺の大仏さまは、天竺から来た僧侶「菩提僊那」という方がこの開眼供養を行ったと言われています。

大きな大きな奈良の大仏さま。
座高は、14メートル98センチ。
お顔の長さは、5メートル33センチ。
中指の長さだけでも、1メートル8センチもあります。

仏像を見ると、それぞれ、手を膝の上で組んだり、指で輪をつくったりしていますが、これを「印相」といいます。奈良の大仏さまの場合は、右手は手のひらを前に見せ、左手は膝の上において手のひらを上に見せています。
右手の印相が意味しているのは「恐れなくてよい」
左手の印相が意味しているのは「願いを叶えてあげよう」
大仏さまはこうして、たくさんの人の願いを受け止めてきたんですね。

全国にはさまざまな大仏さまがいらっしゃいますが、東京の上野には、ちょっとかわった大仏さまがいらっしゃいます。
お名前は「上野大仏」といいまして、そこにあるのは【お顔だけ】。
つくられたときは、座高6メートルの全身があったそうですが、関東大震災で【頭】が取れて落ちてしまいました。さらには、第二次世界大戦で、ほとんどの部分が、軍事用の金属として軍にとられてしまって、結局、お顔だけに。大きなお面のようなお姿になってしまいました。しかし、かえってそれがよかったのかもしれません。現在、受験シーズンになりますと「もうこれ以上落ちない」ということで、たくさんの受験生が合格祈願のお参りに来るようになりました。

数々の困難を経験してきたこの大仏さまなら、受験生の苦労や悩みをわかってくれそうですね。その表情もどこかほっとするような、やさしいお顔をしてます。

番組ではみなさんからのお便りをお待ちしています。
Eメールの場合は、番組ホームページから。
お葉書の場合は、郵便番号107の8066 TBSラジオ
『檀れい 今日の1ページ』までお送りください。

お便りを採用させていただいた方には、クオカード3千円分と、CMでお馴染みの曲「いすゞのトラック」のCDを差し上げます。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。