お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

歓迎会にオススメの余興は「卓球」その理由は?

ジェーン・スー 生活は踊る

春は何か新しいことを始めたくなりますよね。体型も気になってくる季節ですし、スポーツを始めるというのもいいですよね。
そんなとき「卓球」はいかがでしょうか?

卓球は・・・2016年リオデジャネイロオリンピックでは卓球男子団体初の銀メダル。最新の卓球の世界ランキングを見ても、日本人の男性は9位に丹羽孝希選手が、女性は3位に石川佳純選手・6位平野美宇選手・7位伊藤美誠選手とトップ10に3人の選手が入っています。チョレイの張本智和選手などタレントも豊富!今後オリンピックで「金メダル」を取る日もそう遠くは無いはず。今卓球をやっておけば、卓球界をもっと楽しめる!ということで、卓球の魅力を知るために、体験取材に行ってきました。

行ってきたのは、卓球を存分に楽しめる複合施設「T4 TOKYO」

JR線渋谷駅から徒歩6分、卓球を存分に楽しめる複合施設「T4 TOKYO」は、ラケットやユニフォームを扱っている卓球ショップ、卓球が楽しめるレストランバー、そして卓球のコーチから指導を受けられる教室があります。

そこで、卓球教室に参加してきたのですが・・・
コーチからマンツーマンで1時間ほどレッスンを受けました。
教えてくれたのは、高校時代インターハイ団体で優勝・大学時代は全国2位の経験がある水野裕哉コーチ。指導を受けて思ったのは、初心者にとって、卓球の楽しさは、負かすことではなく、“ラリー”だと思う。相手のことを考えてあげないといけない。それがほかのスポーツと違うところで、卓球の魅力の一つかもしれません。

ラリーを続けるコツとは

コーチにラリーを続けるコツを伺ったところ、ポイントは「力を入れすぎず優しく打つ」初心者の人は特に力が入りすぎて強く打ちすぎてしまいがち。優しくボールを打ってスピードが出過ぎないようにする。そして、相手を思いやり、打ちやすいところに打つことがラリーを続けるポイントだそうです。

長峰さん、卓球体験中。

卓球はボーダレスで分け隔てなく遊べるスポーツ。

スタッフの人に話しを伺ったところ・・・
・卓球は、年齢、性別、障害の有無関係なく遊ぶことができる。間口は広い。
・自分の動きたい量が動ける(ダイエットにも良い)服装・場所・天候を問わず、危険も少ない。手軽。
・卓球台の高さは、実は台所の高さ。包丁はラケットと同じ重さ。身近ですよね。
確かに納得することばかり。これだけ身近なのに、取材をするまで、よく知りませんでした。

この春、何かスポーツを始めてみたい人、そして今の時期、歓迎会にもオススメ。ラリーを続けるために相手のことを思いやれるのか、それとも勝つことを優先してボールを打つのか、その人の性格もよくわかります。
会社帰りに立ち寄れる卓球スポットは増えてきているので、ぜひ、行ってみてください。

<T4 TOKYO>
ラケットやユニフォームを扱っている卓球ショップ、卓球が楽しめるレストランバー、そして卓球のコーチから指導を受けられる教室があります。
レストランには、卓球のボールをイメージしたライト、デザートも!
JR渋谷駅から徒歩6分。ぜひ、遊びに行ってみてください!

ピックアップ