お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

佐賀県のお菓子「けえらん」とは?

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

今回は、栃木県宇都宮市におすまいのラジオネーム・宇都宮のウッチョンさんからのお便りをご紹介しました。

50年ほど前のことですが、佐賀県の唐津市に所要で行ったとき、市内のあちこちに、「けえらん」と書かれた幟のようなものを見たおぼえがあります。唐津は、鶏卵・・・たまごのことですね・・・で有名な場所ではないし、「けえらん」とはなんなのか、いまでも疑問に思っています。檀さん、調べていただけないでしょうか。

50年も、ずーっとこの疑問を持ち続けていらっしゃったんですね!
50年越しの謎を、私があっさり解いてしまうなんて、なんだかちょっと申し訳ない気もしますが、解かせていただきますね。

佐賀県唐津市の「けえらん」は、名物のお菓子でした。
唐津市に本店を持つ「元祖・伊藤けえらん」では、400年の秘伝を受け継いで、このお菓子を作り続けています。

ニワトリの卵「鶏卵」と間違えそうな名前ですが、卵は使っていませんし、色も形も、卵とはまったく関係ありませんでした。これは、米粉でつくった生地に、あんこを巻いたもの。見た目はちょっと柏餅に似ています。

そして「けえらん」という名前には、こんな由来があるそうです。
朝鮮出兵のために唐津を訪れていた豊臣秀吉に、地元の人たちが、戦勝祈願としてこのお菓子を献上しました。するとこれを食べた秀吉が、「これを食べたならば、勝つまで、本国には帰らん」と言いました。この「帰らん」という言葉がなまって「けえらん」になったそうです。

宇都宮のウッチョンさん、これが50年越しの謎の全貌でした。ぜひ、「けえらん」を召し上がっておいしさも確認してみてくださいね。

番組ではみなさんからのお便りをお待ちしています。
Eメールの場合は、番組ホームページから。
お葉書の場合は、郵便番号107の8066 TBSラジオ
『檀れい 今日の1ページ』までお送りください。

お便りを採用させていただいた方には、クオカード3千円分と、CMでお馴染みの曲「いすゞのトラック」のCDを差し上げます。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。