お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【放送後記&聞き逃した方へ】ゲストは引き続き『キャプテン翼』でおなじみ、高橋陽一先生でした!TBSラジオ✖️週刊少年ジャンプがコラボ!『サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ』毎週土曜24:00〜24:29。第44回(2018年4月28日)放送分。

サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ

「週刊少年ジャンプ」の創刊50周年を記念して、今までに連載された様々な作品が集う「週刊少年ジャンプ展vol2」が開催中!会場は、六本木ヒルズ 森タワー52階、森アーツセンターギャラリーです。詳しくはこちら!

ジャンプPARTY
ジャンプマンガを無料で読める、2ゕ月間限定の最強キャンペーン実施中‼ 過去の作品から連載中の作品まで、読めるマンガは100作品以上!! キミはいくつ読める?詳しくはこちら!

カラーバージョン サイズ変更
「週刊少年ジャンプ」が2018年に創刊50周年を迎えることを記念してTBSラジオで新番組「サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ」がスタート!普段は滅多にメディアに出ることのない「週刊少年ジャンプ」の漫画家先生たちをゲストに、MCのサンドウィッチマンが、ここでしか聴くことのできない、スペシャルなトークを展開します!


4月28
日(土)のゲストは前回に引き続き『キャプテン翼』でおなじみ、高橋陽一先生でした!

(CMあけてすぐ)
富澤「先生(マンガに)出してください」
伊達「早すぎるだろ言うの(笑)」
富澤「過去に出た人とかいるんですか?」
高橋先生「鉄拳さんとか」
伊達「鉄拳出てるんすか!じゃあ我々も…」
→収録後、高橋先生が願いを聞いてくれて、グランドジャンプ10号掲載の「キャプテン翼ライジングサン」にサンドウィッチマンのお二人が出ています!探してみてね!5月2日には11号が出ますのでお早めにどうぞ。

高橋先生「イタリアで放映されている「キャプテン翼」のアニメでは、イタリア人の名前が翼についているんですよ」
富澤「え?そうなんですか!イタリア人になっているんですか?」
高橋先生「はい。その(放映されている)国の主人公の名前になっているんですよ」
伊達「すげ〜」

伊達「翼くんをFCバルセロナに移籍させたところ「なんで翼をウチに入れないんだ」とライバルのレアルマドリードの関係者から連絡が来たって本当ですか?」
高橋先生「連絡ではないですけれど、新聞のインタビューかなんかで(レアルの)会長さんがそういう事を…」
伊達「動かしますねー。世界を」

伊達「高橋先生にとって週刊少年ジャンプとは?」
高橋「子供の頃は夢があって毎週楽しみにしていた雑誌だったんですけど、いざ漫画家になって入っていくと戦いの場でしたね」

翼くんのオリンピック代表での活躍を描いた『キャプテン翼ライジングサン』8巻まで発売中です!「キャプテン翼」のアニメは毎週月曜日深夜1:35からテレビ東京ほかにて好評放送中!


高橋先生が大好きな必殺技ベスト3は?などなど… 聞き逃した方は是非、ラジコのタイムフリー(放送後1週間以内)でお楽しみください。


野球が好きだけれども、サッカーマンガに比べて野球マンガは描くのが大変な理由、などなど…時間の関係で放送ではカットされたエピソードが聞ける完全版は、TBSラジオクラウドでお楽しみください!(権利の関係上、音楽はカットされています)⬇️

 

♪高橋陽一先生が選んだ一曲!
「ミスチル好きっていうのもあるんですが、この前桜井さんのチームとフットサルをして、キックオフのじゃんけんを桜井さんとしたんですが、あいこが10回くらい続いて(笑)感性似ているのかなってちょっと嬉しかったんで」(高橋先生談)
Worlds end/Mr.Children

 

【NEXT WEEK】

 5月5日(土)のゲストは『包丁人味平』でおなじみ、ビッグ錠先生です!

番組では、先生たちへの質問もお待ちしてます!
現在『プレイボール2』のコージィ城倉先生、『食戟のソーマ』佐伯俊先生(作画担当)&森崎友紀先生(料理監修担当)、『銀牙』の高橋よしひろ先生、『センセイ君主』の幸田もも子先生への質問を募集中です!

 

メールアドレスは・・・ jump@tbs.co.jp   です!
番組で紹介させていただいた方には、ビックリマンチョコ風のステッカーを3枚
プレゼント!

ジャンプ


『サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ』は毎週土曜 24:30〜24:59放送。AM954kHz、FM90.5MHz。PCやスマートフォンでは”radiko”でもお聞きいただけます。
【週刊少年ジャンプ】

ジャンプ50ロゴ

1968年7月に月2回刊行の「少年ジャンプ」としてスタート。1969年9月から週刊化。数々の大ヒット作を次々に生み出しながら、1994年末にはマンガ誌として史上最大発行部数653万部を記録。コミックスの累計発行部数が1億部を超える作品を多数創出し、少年マンガ界を牽引し続けている。2018年に創刊50周年を迎え、様々な記念企画が進行中。