お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

平成ファンシーグッズの英字や丸文字のアノ感じには理由があった

アフター6ジャンクション

「カルチャートーク」は…「ファンシー絵みやげ大百科 忘れられたバブル時代の観光地みやげ」の著者・山下メロさんをお迎えしました!

1980年代後半~1990年代前半を「平成レトロ」と呼び、その時代の文化を研究する山下メロさん。中でも、当時全国の観光地で売られていた雑貨みやげを「ファンシー絵みやげ」と名付け、その研究と保護を行ってらっしゃる素晴らしい活動家!

ただ「懐かしい」ではなくそこから当時のカルチャーが複合的に浮かび上がってくるのがすごい


当時あふれていたキツネモチーフのグッズの発祥がコレだったそう