お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【音声配信】特集「今日は世界報道自由デー。映画『ペンタゴン・ペーパーズ』から考える」▼春名幹男×神保哲生×会田弘継×荻上チキ 2018年5月3日(木)放送分(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」22時~)

荻上チキ Session-22

荻上チキ・Session-22

TBSラジオ『荻上チキ・Session-22』(平日22時~生放送)
新世代の評論家・荻上チキがお送りする発信型ニュース番組。

Main Session
時事問題や社会問題などをおよそ1時間にわたって特集します。

今日は世界報道自由デー
映画『ペンタゴン・ペーパーズ』から考える

【スタジオゲスト】
アメリカのインテリジェンスに詳しい国際ジャーナリストの春名幹男さん

ジャーナリストの神保哲生さん

【TELゲスト】
青山学院大学教授で共同通信客員論説委員の会田弘継さん

きょう5月3日は、日本の憲法記念日ですが、同時に、一般市民が報道から正しい情報を得る権利、そしてジャーナリストが自由かつ安全に情報を提供する権利の保護を目的に、国連総会で定められた「世界報道自由デー」でもあります。現在、日本では、森友学園問題や加計学園問題、PKOの日報問題など、文書の改ざんや隠蔽が問題となる事案が相次いでいて、公文書管理や情報公開、そして民主主義の前提となる「知る権利」のあり方が問われています。

そんな中、現在公開中の映画『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』が話題になっています。1970年代のアメリカで、国家権力にい、報道の自由を守るために重大な決断を下す新聞社の姿を描いたこの作品には、メディアのあり方や「知る権利」を考える上で参考となる、様々なヒントが含まれています。

今夜は、スティーブン・スピルバーグ監督の映画『ペンタゴン・ペーパーズ』から、何を受け取るべきなのか、番組ゆかりのジャーナリストの方々と考えていきます。


★番組では月曜から金曜まで、その日のテーマについてなど、メールマガジンを配信中★
登録したい方はこちらからお願いします

===============================
「荻上チキ・Session-22」
TBSラジオで平日午後10時から生放送!
*ラジオはAM954/FM90.5
*パソコンorスマホで「radiko」でどうぞ
===============================