お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

ミャンマーのことなら、コシノジュンコに訊け

コシノジュンコ MASACA

ミャンマーとは大変縁がありまして、ヤンゴンで初めてファッションショウをしたのが15年前。その時はまだ軍事政権の真っ最中で、みなさんも「ミャンマーってどこ?」っていう感じでした。私も知らなかったし。

それから2013年に、アセアン諸国のスポーツイベントSEAゲームズがミャンマーで44年ぶりに開催されました。その時テイン・セイン大統領にお会いしたんですが、ミャンマーチームのユニフォームをデザインしてくないかって頼まれて。何着ぐらいですかって聞いたら2400人ぐらいって! (◎_◎;) それじゃあ純日本製にしましょう、っていうことで、皆さんの協力もいただいて、無事2400着を作りました。そういう意味で、皆さん私のことを知ってくださっていて、それで今回、「ミャンマー観光大使」として任命されました。観光大臣から直接委任状をいただいてきましてね。でも、私はヤンゴンばっかりで、ミャンマーを観光したことないから、この際あちこち観光しようと思って、水かけ祭りに行ってきました。

水かけ祭りはミャンマー最大のお祭りで、4月17日の旧正月の前日、大晦日に当たる4月16日に行われました。どこの家も水を用意してて、それもホースとかバケツとか、そういうのでジャッ!とかけるわけ。誰かれ構わず、大臣だろうと観光客だろうと、そんなのやだって言ってもお構いなし! 旧正月の前日に、1年の罪とか嫌なものを洗い流す、という意味だそうです。濡れてもいいものを着てくださいって言われたので、私は合繊の浴衣を着たんですが、バーンってかけられると下着までビチョビチョ(-_-;)。そのうち乾いたかな~と思うと、またバシャーン (^○^) 気温も30℃以上だから気持ちいいし。私も水をかける役目をしたいわ、って言って、ホースでかけてあげたりね(笑)すごくいいを経験しました。

これからも観光大使として、次の回にでもまたご紹介しますね。