お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

アク抜き不要!「フキのマヨサラダ」が簡単すぎる!【レシピあり】

ジェーン・スー 生活は踊る

毎月最初の月曜日は、料理研究家の浜内千波先生に「旬の食材を美味しく・簡単に味わう方法」を教えていただいています!
今回取り上げたのは・・・「チンゲン菜とフキ」でした。

チンゲン菜とフキ

路地もと違って、ハウス物も増えてきて、スーパーで通年みかけることも。ただし、出荷量は、この時期が一番多いそうです。また、この2食材、火を通さないと食べられない、と思っている人も多いのではないでしょうか?色やさわやかな香りが特に季節を感じられる2食材。簡単に料理にできるので、もっと手軽に感じてほしいと思います。

切って混ぜるだけ「チンゲン菜の中華風サラダ」

チンゲン菜はあくはほとんどなく、栄養価も優れています。効率よくいただけるのはサラダが一番なんです。

<材料>
青梗菜・・・1束   もどしたわかめ・・・20g ショウガ・・・小1かけ  ハム・・・ 2枚   ごま油・・・大1/2  醤油・・・0.80%(小さじ1)    砂糖・・・小1/2  酢・・・大1/2
<作り方>
1、チンゲン菜を1枚ずつ葉をはずし、斜め細切りにする。
2、ハムも細めの短冊切り、ショウガは千切りにする。
3、ボールにチンゲン菜、ハム、ショウガ、戻してしっかり絞ったわかめを入れ、まずはごま油を入れ全体に混ぜてから砂糖、しょうゆ、酢を入れざっくり混ぜて完成。

青梗菜はβカロテンが豊富なため、油と一緒に組み合わせると体内での吸収率が良くなるんです。これからの時期、紫外線でダメージを受けた肌にも、効果的。中華のイメージがあるので、火を通すイメージを持つ人も多いと思いますが、生で食感もよく、えぐみも少なく美味しくいただくことができます!

あく抜き不要!生でいただく、「フキのマヨサラダ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<材料>
ふき・・・150g  ツナ缶・・・小1缶  マヨネーズ ・・・大さじ2 梅干し・・・1粒  すりごま・・・大さじ1
<作り方>
1、フキは皮を剥き、あまり薄すぎない位に斜め薄きりにし、さっと洗い、水気をしっかり切る。
2、ツナ缶の水分を切り、よくたたいた梅干しとマヨネーズ、すりごまを混ぜて完成。

フキは、一般的にはアクが多いといわれますが、これは大事なポリフェノール成分!塩刷りし、ゆでて、皮をむいて食べることが多いが、栄養をしっかりいただくためにも生で皮をむいて、そのまま料理に使う。茹でないことで、香りもしっかりと感じられる。

スー&小笠原「大人の苦味がたまらない!ツナマヨだけど、子供っぽくなくお上品な味!アク抜きしてないとは思えない!!」

ぜひ、旬を味わってみてください!

浜内先生の最新刊「ほろ酔い!ながらつまみ ぱぱっと作る、家飲みが楽しくなる気分上々つまみ!」は辰巳出版から発売中!