お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【放送後記&聞き逃した方へ】ゲストは引き続き『包丁人味平』でおなじみ、ビッグ錠先生でした!TBSラジオ✖️週刊少年ジャンプがコラボ!『サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ』毎週土曜24:00〜24:29。第46回(2018年5月12日)放送分。

サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ

「週刊少年ジャンプ」の創刊50周年を記念して、今までに連載された様々な作品が集う「週刊少年ジャンプ展vol2」が開催中!会場は、六本木ヒルズ 森タワー52階、森アーツセンターギャラリーです。詳しくはこちら!

カラーバージョン サイズ変更
「週刊少年ジャンプ」が2018年に創刊50周年を迎えることを記念してTBSラジオで新番組「サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ」がスタート!普段は滅多にメディアに出ることのない「週刊少年ジャンプ」の漫画家先生たちをゲストに、MCのサンドウィッチマンが、ここでしか聴くことのできない、スペシャルなトークを展開します!


5月12
日(土)のゲストは前回に引き続き『包丁人味平』でおなじみ、ビッグ錠先生でした!


富澤「先生自身はお料理されたりするんですか?」
ビッグ錠先生「やりますよ。やるんだけども、例えば『美味しんぼ』っていう超本格的な料理漫画あるじゃないですか?(僕は)ああいったウンチクは知らないし(笑)」
伊達「だって(先生の漫画の料理は)全部ウソですもんね(笑)」


富澤「(料理を)汗で味付けしてたり…(笑)」
伊達「あれはびっくりしましたけどね」
富澤「ははははは」
伊達「何よりびっくりしましたけどね。きったねえなと思いましたもん」
ビッグ錠先生「でも、それは僕の体験としてはあるんですよ。だって昔のうまいラーメン屋さんってみんな汚かったでしょ」
富澤「汗が入ってるんすか?あれ(笑)」


伊達「僕先生の漫画大好きで『スーパーくいしん坊』の話になっちゃいますけど、三丼フライってご存知ですか?」
ビッグ錠先生「(即答)知らないですね」
富澤「ははははは」
伊達「知らないっていうから違う人の漫画かと…」
ビッグ錠先生「大丈夫です。どんなのですか?」
伊達「香介が作るんですけど、カツ丼と天丼親子丼を一つのフライの中に閉じ込めて、ピラフでその周りを囲って揚げるんですよ」
富澤「描いたの覚えています?」
ビッグ錠先生「そのパターンは結構やりました(笑)」
サンド「ははははは」

伊達「ビッグ錠先生にとって『週刊少年ジャンプ』とは?」
ビッグ錠先生「私を思いもよらずとんでもない夢の国に乗せて連れて行ってくれた乗り物ですね」
サンド「おお〜」
ビッグ錠先生「乗って気がついたら夢の国にいたって感じですね」
伊達「我々読者からしてみたら『包丁人味平』だったり『スーパーくいしん坊』が夢の国に連れてってもらった乗り物ですよね」
ビッグ錠先生「ああー、ありがとうございます」

『ビッグ錠先生が証言する、テレビで再現して失敗したメニューベスト3』などなど… 聞き逃した方は是非、ラジコのタイムフリー(放送後1週間以内)でお楽しみください。

 


『包丁人味平』は連載中、アンケートの順位はどうだったのか?ビッグ錠先生の苦手な食べ物は?などなど…時間の関係で放送ではカットされたエピソードが聞ける完全版は、TBSラジオクラウドでお楽しみください!(権利の関係上、音楽はカットされています)
⬇️

 

♪ビッグ錠先生が選んだ一曲!
ちょっと疲れた時に夜中にバーボン片手に聴いています。(ビッグ錠先生談)
ミスター・ボー・ジャングル/ハリー・ベラフォンテ

【NEXT WEEK】

 5月19日(土)のゲストは『キン肉マン』の原作担当、ゆでたまごの嶋田隆司先生です!

番組では、先生たちへの質問もお待ちしてます!
現在『食戟のソーマ』佐伯俊先生(作画担当)&森崎友紀先生(料理監修担当)、『銀牙 -流れ星 銀-』の高橋よしひろ先生、『センセイ君主』の幸田もも子先生への質問を募集中です!

メールアドレスは・・・ jump@tbs.co.jp   です!
番組で紹介させていただいた方には、ビックリマンチョコ風のステッカーを3枚
プレゼント!

ジャンプ


『サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ』は毎週土曜 24:00〜24:29放送。AM954kHz、FM90.5MHz。PCやスマートフォンでは”radiko”でもお聞きいただけます。
【週刊少年ジャンプ】

ジャンプ50ロゴ

1968年7月に月2回刊行の「少年ジャンプ」としてスタート。1969年9月から週刊化。数々の大ヒット作を次々に生み出しながら、1994年末にはマンガ誌として史上最大発行部数653万部を記録。コミックスの累計発行部数が1億部を超える作品を多数創出し、少年マンガ界を牽引し続けている。2018年に創刊50周年を迎え、様々な記念企画が進行中。