お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「人生で一番必要なマンガです!」女王蜂・アヴちゃんがすすめる、伝説的少女マンガとは

TALK ABOUT

Da-iCEの工藤大輝が土曜日の22時からお送りしている「TALK ABOUT」

音楽、映画、アニメなど、特定のカルチャーに詳しいゲストをお迎えし、全力で語り尽くしてもらうコーナー「CULTURE TALK ABOUT」

12日の放送を大いに盛り上げてくれたゲストは、年齢・国籍・性別非公表の4人組ロックバンド「女王蜂」のボーカル、アヴちゃん!


そして服装をよく見ると(よく見なくても・・・)

ガ~イ・・・

 

ナァーーーッックス!!


(注:GAINAX アニメ制作会社)
 

並々ならぬ何かを感じるアヴちゃんの女王蜂は「SUMMER SONIC 2018」に出場が決定。

新曲の「HALF」が、2018年4月スタートの大人気アニメ「東京喰種:re」のエンディング曲として起用されるなど、今最も脂の乗った超重要バンド!

今回は“あなたの人生に爪痕を残すマンガ特集”と題し、マンガ大好きなアヴちゃんが選ぶ、10代の人にこそ読んでほしい、とっておきの3冊を紹介!

まずはそのラインナップがこちら!!!

◆ガラスの仮面  (作:美内すずえ)
◆乱と灰色の世界 (作:入江亜季)
◆東京喰種    (作:石田スイ)

幅広い年代からのチョイスに、マンガオタクとしての懐の深さが感じられます。

 

アヴちゃんが“人生で一番必要なマンガ”と評する「ガラスの仮面」についてのトークも本当にアツかった!!

 

アヴ:「ガラスの仮面」は全員に読んでほしい!もう、全国民必履修科目ですよ!!

工藤:ほんとですか!?僕、ざっくりとしか読んだことなくて・・・かなり前からやってるマンガですよね?

アヴ:1976年からなので・・・42年前!!

工藤:うわっ、そんなに前から!

アヴ:しかもまだ完結してないんですよ!あるおばあさんの話なんですけど、最期に言った一言が、「私が死んだ後、ガラスの仮面が完結したら、仏壇に全巻置いといてほしい」って。そんなファンがいるくらいで!

工藤:40年以上やってたら、人生またぎますね。ちなみに、どういったストーリー?

 

アヴ:演劇を題材とした作品で、主人公の北島マヤさんは、一見平凡なのに、演技だけは本当にできるんです!それは生まれ持った才能なんですよね。そのライバルに姫川亜弓さんがいるんですけど、彼女はお嬢様で、お母さんが女優、お父さんが映画監督というサラブレッド。すごくキラキラしてるんですけど、実は叩き上げなんですよ。「紅天女」という役をどちらが演じるのか!才能と叩き上げの戦いというか、とにかく2人がかっこよくて、サイコーなんです!

 

 

声量が自然と大きくなり、真剣に語るアヴちゃん。愛がとっても伝わります。

 

工藤:では、おすすめの理由をお聞かせください!

アヴ:やっぱり、情熱の大肯定だと思うんですよね。10代の頃って、スカすことがおしゃれって思っちゃう時期あるじゃないですか。でも大人になると、どれだけ頑張った人が評価されるのかってことが目に見えて分かる。10代でガラスの仮面を読んでおけば、頑張ることが大事なんだなって知れると思う。私も10代で読めて良かった作品なので、是非読んでいただきたいです!!

工藤:30歳の僕が今から読んでも、遅くないですかね?(笑)

アヴ:全然遅くないです!

工藤:読みます!!!

 
まだまだ続くアヴちゃんの熱いマンガトーク!工藤大輝も徐々にオタク心に火が付き、後半は2人で大盛り上がりの展開に!?

気になる方は、radikoタイムフリーで聞いてみよう☆

アヴちゃんの推薦図書http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20180512230706

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

 

アヴちゃん!どうもありがとうございましたー!!