お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

ジャガイモの名産地・北海道の美味しいジャガイモの食べ方

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

カレーやシチューでは、名脇役に。
ポテトサラダに、ポテトフライでは、主役に。
食卓のオールマイティ・プレイヤー・・・【ジャガイモ】。
     
ジャガイモは、春に植えて秋に収穫するところ、冬と夏に植えて、初夏と秋に収穫するところなど、地域によっていろいろとあるようですが、旬は、主に、年に二回あると言われています。ちょうどいまも、初夏の旬を迎えているところ。皆さんのおうちの近くのお店にも、新ジャガが並んでいるのではないでしょうか。

新ジャガの特徴は、まず、みずみずしさ。
そしてもうひとつ、皮が薄さ。皮ごと食べることができるので、皮のまま揚げたり、煮物にしたり、ということもできます。【まるいまんま、皮ごと素揚げに!】そんなシンプルな料理も、とっておきのご馳走になってしまうのが、新ジャガの魅力です。

さて、「食材のおいしい食べ方は、産地にあり!」ということで、ジャガイモの名産地・北海道の食べ方をちょっと調べてみました。ありましたよ! とっておきの食べ方が!北海道の家庭の味【ジャガイモの塩煮】。

皮をむいたジャガイモを、水と塩で煮て、やわらかくなったところで、お湯を捨ててまた火にかけ、水分を飛ばす…これだけで完成です。

煮る前に、水に入れてあく抜きをしたり、塩は後から入れたり、と、家庭によって少しずつ作り方は違いますが、簡単であることに変わりはありません。

そして、食べるときには、北海道らしい二品を添えて。
まずは、たっぷりのバター。
もうひとつは、お好みでイカの塩辛を乗せます。
ジャガイモとバターと塩辛・・・これは、北海道ではおなじみの味だそうです。「イカの名産地・函館発祥の食べ方」だと言われています。

大地のめぐみと、海のめぐみが、しっかり手をとった味・・・とでもいいましょうか。意外な組み合わせかもしれませんが、多くの人をとりこにしてきた味です。新ジャガを手に入れたら、皆さんもぜひお試しくださいね。

番組ではみなさんからのお便りをお待ちしています。
Eメールの場合は、番組ホームページから。
お葉書の場合は、郵便番号107の8066 TBSラジオ
『檀れい 今日の1ページ』までお送りください。

お便りを採用させていただいた方には、クオカード3千円分と、CMでお馴染みの曲「いすゞのトラック」のCDを差し上げます。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。