お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

脚本を書くと心が癒される?その理由とは【脚本家が解説】

アフター6ジャンクション

独自な視点から様々なカルチャーを研究・発信し、その先を目指す「ビヨンド・ザ・カルチャー」。5/30は…「あなたも書けば癒やされる(かもしれない)“脚本療法”って何? 」特集。

スタジオには…映画監督で脚本家の三宅隆太さんをお迎えしました。三宅さんは、脚本の様々なトラブルや改善点を指摘し処置を施す「スクリプトドクター」という日本にはまだ数人しかいないと言われる肩書を持つ人物。

そんな三宅さんが提唱する、脚本の本来の役割だけでなく心理カウンセリングのツールにもなるという「脚本療法」とは何か? さらなる可能性についての特集。

(ぬいぐるみを抱くのはまた別の癒しの話で三宅隆太監督が提唱するまた他の論です)