お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

初夏らしいさわやかな気候の終わり「芒種」

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

今年2018年の芒種は、6月6日です。
また、次の節気である【夏至】の前日までの期間を「芒種」と呼ぶこともあります。

「芒種」の「芒」という字は、「すすき」ですとか「のぎ」といった読み方もできます。これは、イネ科の植物の穂先にある「細いトゲ」のような部分を指すそうです。芒種は、こうした稲や麦といった【穂】がある植物の、種をまく時期。
いまはこの時期にまくとは限らないようですが、昔は、初夏らしいさわやかな気候が終わり、蒸し暑くなってくるこの時期に種をまいていたようです。

旧暦では、五月にあたるため、「五月晴れ」といった言葉や「五月の雨」と書く「五月雨」といった言葉もこの時期に使われます。

さて、二十四節気をさらに細かく分けて、気象や動植物の変化を示しているのが【七十二候】です。
【芒種】から【夏至】までのあいだは、次の3つに分けることができます。

●初候  螳螂生
●次候  腐草為蛍
●末候  梅子黄

【螳螂生】は、カマキリが生まれるころ、【梅子黄】は、梅の実が黄色く色づくころ、……という意味なのですが、面白いのは【腐草為蛍】。
土の中でサナギになり、羽化して地上に現れるその姿を見て、昔の人は「朽ちた草がホタルになる」と考えたようです。

自然界の営みを、科学では説明できなかった時代。
人々は、植物や動物の変化を見て、想像力を豊かに働かせていたようですね。

季節は、日々移り変わります。みなさんも、昔の人を見習って、自然のささやかな変化に、目をとめてみてはいかがでしょうか。

番組ではみなさんからのお便りをお待ちしています。
Eメールの場合は、番組ホームページから。
お葉書の場合は、郵便番号107の8066 TBSラジオ
『檀れい 今日の1ページ』までお送りください。

お便りを採用させていただいた方には、クオカード3千円分と、CMでお馴染みの曲「いすゞのトラック」のCDを差し上げます。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。