お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

梅雨時期の”カラッ”とした晴れを探すなら、『梅雨前線』がキーワード!

ジェーン・スー 生活は踊る

毎月第一木曜日は、気象予報士・増田雅昭さんのお天気コラム、今回は、「梅雨にまつわるあれこれ」
テーマにお話いただきました!

梅雨にまつわるあれこれ・・・まずは、梅雨の概要について。

1. 梅雨ってどれくらい雨が降るの?『梅雨時期(6月〜7月半ば)』
→平均的に40日ちょっとあって、そのうち約4割の日(16日前後)は雨が降っています。
その上、 曇りの割合も約3割程度と梅雨のイメージ通り!
2. 梅雨にもタイプがあるってどういうこと?
陰性型・陽性型って言葉、みなさんご存知ですか?
陰性型とは・・・ドンヨリ、しとしと雨、晴れにくい。(梅雨の前半に多い天気)
陽性型とは・・・晴れる日もあれば、ザーッと雨が強く降る日も。
(梅雨の後半に多い天気)
3.そもそも、「梅雨」の語源って?
→諸説はあるのですが・・・つゆを「梅雨」と書くのは、梅の実が熟す季節に当たるからで、この表記は中国にもあるんです。 また漢字については、カビ(黴)が生える頃の雨ということで「黴雨(ばいう)」とも書かれたそうなんですが、 字が美しくないということで、それが『梅雨』に書き換えられたという説も。 そして、
音に関しては、「雨つゆのつゆ」や、食べ物が腐ったりして「ついえる」
というところから来ているという説もあります。
今も昔も梅雨は、食べ物の傷みやカビに悩まされる時期なんですね。

この時期気になる、湿気のお話・・・

カビは、梅雨時期のジメジメとした気候が大好き。具体的には温度25度以上、湿度が80%以上を好みます
梅雨や夏は食品が傷みやすい季節で、もちろん食中毒も多くなります。
食中毒の三原則、細菌を「つけない」「ふやさない」「やっつける」が重要。先日の「スーさんこれいいよ」で、
医師の森田豊さんもおしゃっていました。気になる方はタイムフリーやラジオクラウドで、チェックしてみてください。 そして、湿気対策!カラッとした空気を、家の中に取り込むことが大切です。
同じ梅雨の晴れ間でも、ムワッとした晴れとカラッとした晴れがあるので、換気をするならカラッとした時にしたいところ。
『梅雨前線』が自分の現在地より、北にあるか南にあるかで、ムワッとカラッとが変わってきます!
*梅雨前線よりも北側にいる場合、晴れた日(雨の翌日以外)は比較的カラッと乾いた天気に。
南側にいる場合は湿度の多い天気なので、換気をするにはあまり効果的じゃないですよ。

増田さんの次回ご登場は、7月5日 天気に関する、質問疑問は so@tbs.co.jpまでお送りください。

TBSラジオ『ジェーン・スー 生活は踊る』は月~金の11:00~13:00生放送。
AM954kHz、FM90.5MHz、PCやスマートフォンはradikoでも。
聴き逃しても過去の音声がTBSラジオクラウドや、radikoタイムフリーで聴けます。
■ メッセージや悩み相談の宛先:so@tbs.co.jp (読まれたらステッカー等進呈)
■ HP:www.tbsradio.jp/so/ (番組情報や選曲リスト等)
■ Twitter:@seikatsu954905 (日々のお知らせ)
■ Instagram:seikatsu954905 (オンエアや取材裏フォト)
■ Facebook:seikatsu954905 (番組情報と写真)