お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 音声あり

おすすめラジオクラウド 生活は踊る「職場の噂好きの先輩に困っています」

ラジオクラウド

こんにちは。文字起こし職人のみやーんです。僕が選んだラジオクラウドのおすすめコンテンツを紹介するコーナーの第24回目。
今回は『ジェーン・スー 生活は踊る』の悩み相談コーナーより、「職場の噂好きの先輩に困っています(26才・女性)」です。

TBSラジオ、お昼の番組『ジェーン・スー 生活は踊る』の中のお悩み相談コーナーに寄せられた26才女性リスナーの「ひじき」さんからのお悩み。職場の噂好きの先輩へどう対応すればいいのか? というお悩みに対してのスーさんの回答が絶妙だったのでご紹介させていただきます。まずはリスナーの方の相談内容です。


私がお二人に相談したいことは「人の意見に流されないようにする方法」です。私は今年の4月からとある研究機関で働いています。去年まですぐれなかった体調が回復し、やっと正規雇用で雇ってもらえました。配属された部署の新任は私を含め2人。先輩方も優しく指導してくれて残業もほとんどなく、職場環境は良いと思います。ただ、困っていることがひとつ。噂好きの先輩が多く、「Aさんはこんな人だから要注意」「BさんとCさんは仲が悪くて派閥化しているから、どっちに付くか考えた方がいい」などいろんなことを話に来ます。

それ以外にも人事の裏話やただの悪口もあり、それぞれが様々な情報を持ってきます。きっと新任の私たちが早く職場に慣れるよう、人間関係で困らぬように先輩方なりの優しさなのだと捉えるようにしていました。しかし、人の意見に流されやすい私はそれらの情報をもとに勝手に人物相関図を想像してしまいます。その結果、あまり関わったことがないAさんが悪の権化のように思えてなりません。そんな先入観を持っていると、八方美人の性格も災いし、何もされていないのにビクビクしたり余計な気を使ったり……もう、疲れてしまいました。

先輩方の噂話を止めることは難しいと思うので、自分の情報処理の仕方でなんとかしたいのです。友達からは「聞き流せばいい」と言われましたが、ネガティブな情報ほど脳にこびりついてしまいます。スーさん、長峰さん、人の意見に流されないようにするにはどうすればよいでしょうか? アドバイスを頂ければ幸いです。


こんなリスナー「ひじき」さんからの相談。ジェーン・スーさんも「そういう会社、あるよね」と同意しながら話をスタートさせていきます。


ジェーン・スー:これね、言ってくる先輩の方がタチが悪いと思うんですけど。たしかに噂話が好きな人がいる職場っていうのはある。私も何件か転職しましたが、ないところはないんですよ。あるところはある。「ああ、そうなんだ。ふんふん」ってしゃべっていることを聞かなきゃいけない時間があった会社はありましたね。

でも、私にはあんまり話してこないんですよ。みんな。自分が悩んでいることとか、こういうことで困っているっていう話は耳にするけど、「○○さんはナントカなんですって」とかって話は入ってこなくはないですけど、入ってくるとお宝情報に聞こえるぐらい珍しいですよ。ここのTBSの環境では。

長峰由紀:このひじきさんに対して先輩が入れてくる噂、これは本当に好意なんですか?

ジェーン・スー:違いますね。仲間を作りたいだけですね。あと、にぎやかしでワシャワシャ言いたいだけですね。たぶん単純にワイドショー的な感覚で滑った、転んだって解釈をして。ただ、これは私も26才ぐらいの時には気づいてなかったんですよ。私、本当にぼんやりしているところはぼんやりしているんで。人の心理とか真意っていうのはわからないんで、昔はいま以上に言葉をそのまま鵜呑みにしちゃうところがあったんですね。

で、「なんでこの人はこういう悪口を言ってくるのかな? ああ、そうか。この人の悪口を言って、私とこの人を対立させることでこの悪口を言っている人が有利になるんだ」とか、そういうところまで頭が回らなかったんですよ。だから「ふんふん、そうですか。はー」って聞いちゃっていたんですけど……。


そしてここから具体的な対処法について、アドバイスがスタート!


ジェーン・スー:これはなかなかハードコアな職場に入ったんだと思いますけど、正規雇用だしお給料もそこまで悪いとは書いてないし、残業もほとんどなくて先輩方も優しいんだったら、こうなったら一大ドラマ巨編で相関図を作るしかないですよ。たぶんね、ドラマ的に言うとAさんは悪の権化ではない! ない気がする。

長峰由紀:ないんですか?

ジェーン・スー:だって「Aさんは悪の権化だ」って言ってくる人の心理・真意がわからないじゃない? ここはちゃんとチェックしてよーく観察した方がいいと思うけどな。

長峰由紀:だから自分がたしかめるぐらいの心意気で、噂を一応聞いて、私がたしかめる。自分の家に帰ってホワイトボードや模造紙に人物相関図、自分なりの取材したものを書くぐらい?

ジェーン・スー:あのね、Netflixドラマぐらいのつもりでいた方がいいと思う。すごい人間関係が複雑なものを見ているぐらいの勢いで。私たちの世代だと『ダイナスティ』とか。ちょっと古いですけど。あと、『ビバリーヒルズ高校白書・青春白書』とかいろいろあるじゃないですか。人間関係が複雑なドラマ。そういうのと同じ感覚で「おかしいぞ。この人はこの人のことばっかり言っているけど、なんでかな?」って。で、受け身で聞いているから疲れるんですよ。こうなったら、質問だね。


「噂好きの先輩の話を受け身で聞くと疲れるので、逆に質問してみるべき」というアドバイス。さらに具体的なポイントについて話していきます。


長峰由紀:言ってきた人に「Aさんはなにが、どうなんですか?」ってことを。なんて聞けばいい?

ジェーン・スー:でもそれを間違えると、「ねえねえ、新人の○○ちゃん、Aさんのことをすごい詮索してた」とかって言われるんですよ。いいですか、ここがポイントです。たとえば長峰さんがたとえば今日の刈屋ディレクターのことを「刈屋ディレクターって、餃子がマズいんだって」とか言うとするじゃないですか。そうしたら、「えっ、刈屋さんって他にはどんな料理を作るんですか?」とか聞いちゃダメなんですよ。長峰さんに刈屋さんのことを聞いちゃダメ。

そうすると確実に「刈屋ちゃん、刈屋ちゃん、ジェーン・スーが料理がどうのとか、いろいろブツブツ言っていたよ」とか入る可能性があるから。長峰さんのことを聞くんです。たとえば「えっ、長峰さんは料理、どうなんですか? するんですか?」みたいな感じで。そうすると、なぜこの人がこう言ったのか?っていう話が……みんな、自分のコンプレックスを感じていることや自分がマウントを取りたいこととか、なんかそのことを言っている意図がその人の中にあるんですよ。その時に刈屋ちゃんのことじゃなくて、長峰さんのことを聞く。

長峰由紀:「あなたはどうなの?」って。


噂話が好きな人への対処方法は、「その人自身のことを聞く」とアドバイス。さらにそうすることによってどのような効能があるのかについて、説明が続きます。


長峰由紀:それを聞かれた本人は、どんな風な?

ジェーン・スー:そうすると、まずひとつの効能として噂話から脱せられます。あと、
その人の情報が集まります。で、家に帰って口でペンのキャップをパーン!って取って玄関でパンパンパンパンッ! 「長峰由紀、片付けは得意だけど料理はどうかな?」とか(笑)。

長峰由紀:新しい相関図ができあがる!

ジェーン・スー:そうそう。あなたはディテクティブ(探偵)ですから! いわゆる処世術として噂話をされている人にどうやってやめられるか?っていうと、「その人の話を聞く」なんですよ。その人の話を聞くのがいちばん角が立たずに、かつ「噂話をしている」っていう状態からは抜けられるんですけど。ただ、それで爪を研ぐんですよ。フフフ……。そうすると、悪の権化は他にいるような気がしてならない! ひじきさん、お願いします。夏、8月。メールちょうだい! その調査報告が知りたい!

長峰由紀:できれば人物相関図も。「A」とか「B」でいいですから。

ジェーン・スー:Instagramに上げたりはしないから、私たちに図を送って! で、「結果はこうだった」っていう。あるよ、こういうのは。会社の人間関係は積極的に楽しんだ方が勝ちですよ!


最終的には相談者のひじきさんを探偵に仕立て上げたジェーン・スーさん(笑)。ひじきさんに約2ヶ月後を目処に社内の人間関係を調査して報告するように依頼までしてしまいました! そしてこの翌週、なんとさっそくひじきさんからメールで調査報告が! 探偵・ひじきさんの生き生きとした調査報告、こんな感じでした。


ひじきさんのメール:簡単ですが現時点での人物相関図を作成いたしました。放送を聞いてから書くと、人の見え方が変わってきたことに驚きました!

ジェーン・スー:これね、会社の人物相関図を送ってくれたんですけども、めちゃくちゃ面白いんですよ。この人、上手いよ。右に「非常勤」って書いてあって。ギザギザの吹き出し風ので「非常勤」「上司」っていうのがいて。真ん中に自分を置いて「この人は話を聞いてくれる」とか「話半分に聞いておきなよ」って言ってくれる人は「傍観者」とか。悪の権化だと思っていたAさん。だけど「わがままらしい」「細かいらしい」「自慢が多いらしい」とかって全部これは人に聞いたこと。それに対して噂好きのGさんとHさんがいて。このGさんとHさんは仲良しだけどAさんとは仲が悪いとか。

長峰由紀:ちゃんと線が引っ張ってあって。「×」とか「仲良し」とかね。

ジェーン・スー:まさにドラマが始まった最初の頃にTVガイドとかを買うとこういうの、出ているよね。で、それに対して「ワカメちゃん」っていうのがいて。それが上手くいっているって書いてあったり。

長峰由紀:ワカメちゃんは新任の同期なのよね。

ジェーン・スー:とか、これ面白いのよ。部長がBさん(女性)なんだけど、次期部長とみなされていたのがCさん(50代・男性)。Bさんは話が要領を得ないのか、上司とか非常勤の信用は高くなくて。Bさんの意見はなかなか通らず、Cさんが寄り切ることが多いと。だけどこれ、面白いのはこうすると、女性の部長Bさんは部下のCさんに全部意見とか寄り切られている。こういうのってイライラとか「お前、見ていろよ?」とか絶対に顔には出さないけど蓄積しているから。Cさんがなんかちょっとミスしたらガーン!って。

長峰由紀:もう予想ができるわけね。

ジェーン・スー:次になにが起こるのか、わかるんですよ。お天気予報やで! 人物相関図は。

長峰由紀:そしたら、先回りすることもできるわけだ。ひじきさんが立ち回ることも。

ジェーン・スー:なんならお天気、変えられますよって話ですよ。なので、これは私たちも楽しませてもらっちゃった(笑)。これでたぶん彼女も楽しめるようになったと思う。これ、悩んでいる人はおすすめするわ。会社の人物相関図を作るの。よーくパワーバランスが見える。これ、ぜひがんばってください。

長峰由紀:ひじきさん、続きも待っています♪


ということで、今回も絶妙な回答で見事お悩みを解決したスーさん。お見事です! 噂好きの人への対処方法は「その人自身の話を聞く」。さらに「噂話の人物相関図を作成する」。これ、すごい面白いですよねー。僕もディテクティブみやーんになって人物相関図、書きまくりたい!(笑)。スーさんの名回答、ぜひラジオクラウドでフルでチェックしてみてください!

生活は踊る「職場の噂好きの先輩に困っています」

※8:55からスタートします
ラジオクラウドアプリ誕生!