お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

カブトムシは冬眠するか

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

今週1週間は、リスナーのみなさんからいただいた、お手紙、おハガキ、そしてEメールを、どどん! と紹介する「おたよりまつり」開催です。今日紹介したお便りは、「カブトムシは冬眠するの?」というお便り!

日本で一般的な「ヤマトカブトムシ」の成虫の寿命は数ヶ月だそうで、残念ながら冬眠することも〝越冬=冬を越すこと〟もできないようです。8月から9月に産卵したあとメスもオスも天国へ。そして卵は2週間ほどで幼虫になり、山や森の中の腐植土の中で育ちます。「木の中」ではないようですね。2回ほど脱皮を繰り返し、翌年の4月から5月にサナギになります。そこから1ヶ月ほどで羽化し、見た目はいわゆるカブトムシになりますが、しばらくは土の中で過ごし「夜間の気温が20度を上回る日」が続くと、夜を待って地上に姿を現すそうです。ある夜、一斉に出てくるということですね。神秘的ですね。

国内では、沖縄などに生息する亜種を含めて6種類ほど、世界には千種類以上のカブトムシがいるそうで、南米に生息する「ヘラクレスオオカブト」は、胸角と頭角のツノが2本あり、オスは15センチ前後で最強のカブトムシだそうです。昔の携帯電話のぐらいのサイズですかね。もし街で見かけたら「わ!」って声を出しそうです。この最強の存在ですら、成虫の寿命は1年ほどだそうで、強そうに見えてもカブトムシは「はかない」存在なんですね。

今週1週間は、みなさんからいただいたおたよりを紹介する「おたよりまつり」開催中です。

番組ではみなさんからのお便りをお待ちしています。
Eメールの場合は、番組ホームページから。
お葉書の場合は、郵便番号107の8066 TBSラジオ
『檀れい 今日の1ページ』までお送りください。

お便りを採用させていただいた方には、クオカード3千円分と、CMでお馴染みの曲「いすゞのトラック」のCDを差し上げます。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。