お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【放送後記&聞き逃した方へ】ゲストは『食戟のソーマ』作画担当の佐伯俊先生と料理監修の森崎友紀さんでした!TBSラジオ✖️週刊少年ジャンプがコラボ!『サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ』毎週土曜24:00〜24:29。第51回(2018年6月16日)放送分。

サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ

カラーバージョン サイズ変更
「週刊少年ジャンプ」が2018年に創刊50周年を迎えることを記念してTBSラジオで新番組「サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ」がスタート!普段は滅多にメディアに出ることのない「週刊少年ジャンプ」の漫画家先生たちをゲストに、MCのサンドウィッチマンが、ここでしか聴くことのできない、スペシャルなトークを展開します!


6月16日(土)のゲストは『食戟のソーマ』作画担当の佐伯俊先生と料理監修の森崎友紀さんでした!

伊達「以前、原作担当の附田祐斗先生にも番組に出ていただいたのですが、その回はお聞きになりましたか?」
佐伯「はい。一応聞きました」
伊達&富澤「ありがとうございます!」
佐伯「すごい面白かったです。でも、メッチャいじられてるなと(笑)」
伊達&富澤「ははははは!」
森崎「いじられてましたねー」
佐伯「附田君自身も、自分を下に置きすぎみたいな所がちょっとあったんじゃないかな」
伊達「なるほど。どんな感じでした?聞いてみて」
佐伯「いや本当、附田君が天才なんで。彼だからこそできているみたいな…別に船に乗っかっているだけとかでは全然ないんで」
富澤「フォローがすごいですね(笑)この3人(附田&佐伯&森崎)で、チームで描いているって事ですよね」

附田先生の出演回はTBSラジオクラウドで完全版を配信中です!

伊達「森崎さんが料理監修になったきっかけは何ですか?」
森崎「この漫画の特長は女の子が美味しいものを食べるとエクスタシーを感じて脱いじゃう…私、過去に『週刊プレイボーイ』さんで、ちょっと水着とかの仕事をやらせていただいていたので、そういうのと料理研究家っていう所で、なんか(漫画の)コンセプトに合うんじゃないかって思ってくれたみたいで、わざわざ調べて先生と編集者が会いに来てくれて。それで意気投合しちゃって、私もそう思ってたんですよ!って」
伊達&富澤「ははははは!」
森崎「メチャ面白いじゃないですか。美味しいって感じる事とエクスタシーは似てますよねみたいな」
伊達「マジですか」

伊達「佐伯先生が、附田先生にカニをおごったからタッグを組む様になったって事ですか?本当にカニがキューピッド?」
佐伯「まあ、一因ではあるかもしれない」
伊達「はあー、一因ではある。カニが全てではない?」
富澤「ははははは!」
佐伯「いや、カニの力は偉大」
富澤「そうなってくると単行本に「カニ」って入れて欲しいですよね」
伊達「3人の名前プラス「カニ」ね」


佐伯俊先生と森崎友紀さんのトークは来週に続きます!

 

佐伯俊先生の人生のターニングポイントベスト3や、森崎さんの幸せな家庭生活、などなど… 聞き逃した方は是非、ラジコのタイムフリー(放送後1週間以内)でお楽しみください。

 

佐伯先生が奥様と知り合ったきっかけや、森崎さんの料理に対する探究心、などなど…時間の関係で放送ではカットされたエピソードが聞ける完全版は、 TBSラジオクラウドでお楽しみください!(権利の関係上、音楽はカットされています)⬇️


♪佐伯俊先生が選んだ一曲!
ライジングレインボウ/ミソッカス
TV アニメ『食戟のソーマ 弐ノ皿』OP主題歌


 

【NEXT WEEK】

 6月23日(土)のゲストは引き続き『食戟のソーマ』作画担当の佐伯俊先生と、料理監修の森崎友紀さんです。

番組では、先生たちへの質問もお待ちしてます!
現在『センセイ君主』の幸田もも子先生、『まじかる☆タルるートくん』の江川達也先生、「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」の西義之先生への質問を募集中です!

メールアドレスは・・・ jump@tbs.co.jp   です!
番組で紹介させていただいた方には、ビックリマンチョコ風のステッカーを3枚
プレゼント!

ジャンプ


『サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ』は毎週土曜 24:00〜24:29放送。AM954kHz、FM90.5MHz。PCやスマートフォンでは”radiko”でもお聞きいただけます。
【週刊少年ジャンプ】

ジャンプ50ロゴ

1968年7月に月2回刊行の「少年ジャンプ」としてスタート。1969年9月から週刊化。数々の大ヒット作を次々に生み出しながら、1994年末にはマンガ誌として史上最大発行部数653万部を記録。コミックスの累計発行部数が1億部を超える作品を多数創出し、少年マンガ界を牽引し続けている。2018年に創刊50周年を迎え、様々な記念企画が進行中。