お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

日本人に多い噛み癖は・・・○○の歯だった!!【食生活から判明!】

ジェーン・スー 生活は踊る

「噛むこと」が、いかに日々の生活や、私たちの体に必要なことなのか。
月ごとのテーマに沿ったスペシャリストに、
「噛むこと」で得られる、“からだにいいこと”を、伺っていく「火曜日は噛む曜日」

6月のテーマは「噛むこと × 痛み」

今月の噛むことエキスパート「噛むことアンバサダー」は、噛み合わせと痛みのスペシャリスト!歯科医師の長坂俊幸先生。本日は、「日本人に多い噛み癖と、噛みグセチェック」について、お伺いしました。

日本人に多い「噛みグセ」って、どこかわかりますか?

それは、左の奥歯です。お食事の時を考えていただければわかると思うのですが。
基本的に、右利きの方は右手でお箸を持ってご飯を食べますよね?そのまま、お口に運んでいただくと・・・
スー:「本当だ!気がつくと左奥に行ってる!」
つまり、全部の歯でバランス良く噛んでいるつもりの人でも、無意識に「噛みグセ」がついているかもしれないんです。

「噛みグセ」をチェックするには・・・?

まずは「ティッシュスティック」を作ります。
1)用意するものは、ティッシュペーパー1枚。
2)縦半分に折る。それをもう一回縦半分に折る。(縦4つ折り)
3)端からクルクルとしっかり巻いて、棒状にする。

「左右の噛みグセチェック」の方法。

① 背筋を伸ばして立つ。両腕は体の横に自然と下ろす。
② 右腕の手のひらを親指側から外側に向け、ゆっくり体の真横に上げていく。
③ 腕が重く感じられたところでストップ。その高さを覚えておく。左腕も同じように。

続いて・・・「前後の噛みグセチェック」!
① 左右どちらか、噛みグセがあった方の「前歯」で、スティックを軽く20回噛みます。
② 噛み終わったら、前歯でスティックを噛んだままの状態で、スティックを噛んでいない方の腕を、また真横にゆっくり上げていく。
③ 腕が重く感じられたところでストップ。その高さを覚えておく。

1回目に腕を上げたときよりも、高く上がったら、奥歯に噛みグセがある。
1回目に腕を上げたときよりも、上がりにくかったら、前歯に噛みグセがあるかも!

来週は、「噛みグセを改善!回し噛みトレーニング」についですお楽しみに!