お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • お知らせ

6月24日(日)のゲストは“消防自動車博物館”館長・鈴木靖幸さん▼メッセージテーマは「忘れられないあの言葉」▼朝10時から生放送『安住紳一郎の日曜天国』

安住紳一郎の日曜天国

キービジュアル 2017年10月~

毎週日曜 朝10時から生放送でお送りしているTBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」。6月21日(日)の放送は…

▼ゲストに、“消防自動車博物館”館長の鈴木靖幸さんをお迎えします。

▼メッセージテーマは「忘れられないあの言葉」です。

ちなみに、にち10スタッフの「忘れられないあの言葉」は…

「30年ほど前、プロ野球・近鉄対阪急を見に行ったときのこと。阪急ブレーブスのブーマー選手がデットボールを受け、乱闘騒ぎに。すると隣のオジサンが『ブーマー!そんなに痛かったら、サロンパス貼っとけ! 効くで! サロンパス!』と絶叫していた。子供ながら、そういう問題ではないなと思った」(40代♂・ディレクター)

「『人類みな変態』。高校のクラスの黒板に殴り書きされていた言葉です。登校したときに見つけました。凄くくだらないですが、それを見たときは、文字の力強さと壮大さに感銘を受けてしまいました…。誰が書いたかは今もわかっていません」(20代♀・アシスタントディレクター)

「学生時代、工場のアルバイト先にバンダナとバンテージを付けていたおじさんがいて、『昔、素手で鉄柱を割ったことがある。飲みに行かない?』という文句で女性を誘い、全員に断られていた姿が忘れられない」(30代♂・アシスタントディレクター)

「父の転勤で名古屋に越して来たばかりの小2の春。スイミングスクールの体験で、最後に先生から『今日はみんなよく頑張りました!エライ人~?』と聞かれ、我先に『はあ~い!』と手を挙げると、みんな目を丸くして振り返った。よくよく聞いたら地元の方言で“ツラい”ということらしい。大好きな水泳はこれっきりしなくなった」(20代♀・おでかけリポーター)

「学生時代、大宮駅近くの喫茶店でアルバイトをしていた。そこはその筋のコワモテのお兄さんが集まるお店だった。ある日、『おい桑田!』と呼ばれ、『オマエは桑田真澄そっくりだから、今日から桑田な!』と宣言された。以降、お店では『桑田君』と呼ばれるように…。ボールではなく、おしぼりにブツブツ話しかける仕草をすると、お兄さんたちにはすごくウケた。刺激的な日々だった」
(30代♂・構成作家)

メッセージを紹介した全ての方に、にち10オリジナルポストカード その三十八、水彩画家・永山裕子さん制作の「青い毛糸の物語」をお送りします。Let’s ハッスル!