お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 音声あり

清水翔太、ドリキャスのやりすぎで40万円の請求! ネトゲ中毒者としてテレビに出た過去を語る

ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ

■ネットが繋がるドリームキャストに熱中して40万円の請求がきた中学生時代

「マイゲーム・マイライフ」にシンガーソングライターの清水翔太さんがやってきました。清水さんが2009年にリリースした楽曲「風のように」は、『クロノ・トリガー』のBGM「風の憧憬」のサンプリング音源が使われていることでも知られています。

清水さんは、中学生の頃に衝撃を受けたゲーム体験として、『ワールドネバーランド ~オルルド王国物語~』を挙げます。

清水「ドリームキャストでやったんですけど、オンラインゲームの走りのような感じで、中ではネットに繋がらないんですが、掲示板機能みたいなのがついていて、すげー! って」

宇多丸「へー! じゃあ、そこで知らない人と交流を……いくつくらいのときですか、それ?」

清水「中学一年とかですかね」

宇多丸「中一とかにとっては、ね、顔も知らない人とコミュニケーション取るなんてドキドキじゃない?」


清水「衝撃でしたね。こんな面白いものがあるんだってずっとやってたら、当時はまだインターネット回線が、定額のものとかがなくて、電話回線を繋いで、電話かかってきたら切れる、みたいな頃なので、初めてやった月に40万円くらい請求が来ちゃって(※やりすぎた原因は『ファンタシースターオンライン』)」

宇多丸「ははははは!」

清水「それでなんか、取材来て」

宇多丸「おおお」

清水「テレビ出たんですよ」

宇多丸「マジで! その、ネット中毒になってしまった人みたいな扱いで?」

清水「そうそうそう(笑)」

宇多丸「モザイクかなんかかかってて?」

清水「いや、普通に」

宇多丸「普通に! 清水翔太くん、って?」

清水「『今日、紹介するのは』、みたいな感じで」

宇多丸「マジで! それはすごいね(笑)」

清水「だから、今のこのYouTubeの時代に、その頃の映像が出てこないのは本当にありがたいですね(笑)。出ないでほしい」

宇多丸「それは……ファンの方は、掘ったほうがいいですね(笑)」

ざっと調べてみましたが、まだこのお宝動画はアップされていない模様……。いつか誰かの手で掘り返されるのを心待ちにしております。

ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ

■今回のピックアップ・フレーズ

清水「うちのお母さんも桃鉄が大好きで、ずーーーっと99年をやり続けるんですよ」

宇多丸「一人で? 一人で99年?」

清水「一人で。ずーーーっとやり続けるんですよ(笑)」

宇多丸「いるよね、たまにね。あれなんなんだろうね?(笑)いや、楽しいけどさ」

清水「いまだにやってますよ」

文/朝井麻由美(ライター、コラムニスト)

ピックアップ