お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

2018年6月23日

渡邊剛の週末ハートカルテ

「渡邊剛の『週末ハートカルテ』」は、
「ニューハート・ワタナベ国際病院」の総長で
医学博士の渡邊剛先生が、皆さんからの、
医療にまつわる素朴な質問や疑問に
わかりやすくお答えする番組です。
聞き手は、TBSアナウンサーの江藤愛です。

この4月から手術支援ロボット「ダビンチ」を使った
心臓手術(僧帽弁形成術・三尖弁形成術)が保険適用になり、
渡邊先生の病院も注目されています。
番組の放送も1年を超え、渡邊先生と江藤との会話も
ますます弾んでいますので、ホームページでも
放送の一部をご紹介しましょう。

6月23日
渡邊先生が医療監修を務める、TBSテレビ
「日曜劇場 ブラックペアン」にたびたび登場する
「大動脈解離」という病気について
お話を伺いました。

江藤 この番組で何度も取り上げていますが、
   そもそも「大動脈」とは何でしょうか?

渡邊 大動脈は心臓からつながる太い血管のことです。
   心臓からまず一番太い血管が出て、そこから
   首や腕の血管に分かれて、
   それからステッキみたいにくるっと180度方向を変えて、
   お腹や脚まで血管が出ていきます。
   徐々に枝分かれして両脚に分かれてつま先まで行くのですが
   大動脈が指すのは脚の分かれるところまでですね。

江藤 あら、じゃあほとんど大動脈!
   その大動脈が解離するっていうのはどんな症状ですか?

渡邊 大動脈の壁というのは、バウムクーヘンみたいな
   3重構造なんですよ。解離というのは
   その層が剥がれてしまって、中身が抜けちゃうことです。

江藤 長ネギで中身だけプルンって抜けるみたいな感じですか?

渡邊 そうそう、そんな感じになるんです。例えば2枚目の壁が裂けると
   プーっと膨らんできて弱くなってしまう。
   その層が外れてしまうのが解離です。

江藤 そうすると血液の流れはどうなるんでしょう?

渡邊 本来は3重構造の血管の中を血液が流れているでしょう?
   それが裂け目が入って層が分かれてしまうと、
   血液の流れ自体が2重3重になるわけです。
   その壁の隙間の薄いところを血液が通ると、
   血管が膨れたり破れやすくなります。
   非常に危険な病気ですね。血液というのは
   心臓からかなりのスピードで流れてきているので
   1カ所でも血管に傷ができると、そこから
   ブゥーと傷が広がってしまう。
   例えば心臓の近いところが裂けると
   足の下まで一気に裂けてしまうんです。
   それが急性大動脈解離です。

江藤 え! それは怖いです……。

渡邊 血圧が高いと大動脈も弱くなっていますから、
   その血管が弱くなっているところに、例えば
   250くらいまで血圧が瞬間的に上がると、
   一気に足の先の血管まで裂けてしまいます。
   ですから、血管の内側の破裂といえますね。

江藤 その時の症状は?

渡邊 なんといってもまず痛みですね。
   血管には神経がないようでいて、実は
   血管の外側の壁に神経が走っているんですよ。
   激烈な痛みってよく言うんですけれど、
   上から下まで裂けるわけですから前も後ろも、
   胸も背中も全部が痛い。
   心筋梗塞とかに間違われることもあるんですが、実は
   解離性大動脈瘤だったということは結構多いんです。

江藤 全身に穴が広がるから、全身が痛いんですね……。

放送では、大動脈解離の具体的な症状と
気をつけるべき生活習慣についてもお伺いしています。

詳しくは、radikoのタイムフリーでお聴きください。
放送後、1週間、お聴きいただけます。

渡邊剛の週末ハートカルテ | TBSラジオ | 2018/6/23 土 16:50-17:00 http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20180623165000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

番組では、医療に関する質問を募集しています。
ハガキ・封書の宛先:〒107-8066 TBSラジオ
          『週末ハートカルテ』の係り
メール:iryo@tbs.co.jp

番組でご紹介した方には、記念品をお送りします。