お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

沢田研二 きょう70歳

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

きょう、6月25日はジュリーこと、歌手・沢田研二さんの70回目の誕生日です。長い髪で、圧倒的な存在感を誇った、大スターのジュリー。今回は、デビューから50年以上経った今でも、現役バリバリでご活躍されている、沢田研二さんのヒット曲を振り返ります。
    
1967年、ザ・タイガースのボーカルとしてデビューしたジュリーは、この年の5月に発売したセカンドシングル「シーサイド・バウンド」で大ブレイク。1968年の8月12日には後楽園球場で日本初のスタジアムコンサートを開催。人気は海を越えて、海外にも伝わり、翌年の1969年にはアメリカで最も権威の高い音楽雑誌「ローリング・ストーン」の表紙を飾りました。これは日本人初の快挙でした。
  
タイガースを解散後、萩原健一さんらと組んだバンド「ピッグ」を経て、1971年11月からソロデビュー。ソロ歌手としての地位を不動にしたのは、1973年4月に発売した、6枚目のシングル「危険なふたり」でした。作詞家の安井かずみさんが歌詞を手掛けた「危険なふたり」。歌の世界観がジュリーにマッチして、日本歌謡大賞を受賞しています。
     
そして、ジュリー最大のヒット曲となったのが、阿久悠さんの歌詞が印象的な1975年8月に発売された名曲「時の過ぎゆくままに」。1967年のデビューから50年以上のキャリアを誇る沢田研二さん。もうすぐツアーも始まります。古稀のジュリーの歌声、堪能してみたいです。

番組では皆さんからのおたよりも、募集しています。
お便りを採用させていただいた方には、クオカード3千円分と、CMでお馴染みの曲「いすゞのトラック」のCDを差し上げます。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。