お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

スポーツや、体作りの始まりは・・・噛むことから!

ジェーン・スー 生活は踊る

「噛むこと」が、いかに日々の生活や、私たちの体に必要なことなのか。
月ごとのテーマに沿ったスペシャリストに、
「噛むこと」で得られる、“からだにいいこと”を、伺っていく「火曜日は噛む曜日」

7月のテーマは「噛むこと × スポーツ」

今月の噛むことエキスパート「噛むことアンバサダー」は、スポーツ管理栄養士!石川三知先生。本日は、「噛むことは全ての始まり!?」について、お伺いしました。

スポーツ管理栄養士の石川三知先生は・・・

食を通じた様々な活動を行う「Office LAC-U」の代表であり、 Perfect Body Refiningというコンセプトのもと、
スポーツ栄養に関するアドバイスのみならず、 “一人ひとりの快適を実現するためのカラダづくり”を考え、実践していらっしゃいます。 これまでに数多くのトップアスリートの栄養指導を行ってきた、その名もカリスマスポーツ管理栄養士!
ちなみに・・・今まで。フィギュアスケート・荒川静香さん/高橋大輔さん スピードスケート・岡崎朋美さん(1998年 長野五輪500m 日本女子初の銅) ほか、全日本男子バレーボールチーム、陸上男子短距離日本代表チーム、  新体操日本代表チーム、中央大学水泳部(大学水泳界 屈指の強豪!) などを担当。

アスリートのパフォーマンスと「噛むこと」は、 なにやら深い関係があるということですが…どういうこと ?

食べ物の吸収は、体が勝手にやってくれていると思われているが、実はそうじゃない!
胃や腸を意識的に動かすことはできないが、口を動かして、噛むことはできる。噛むことで、唾液が出る。続いて食道が動いて胃から胃液、肝臓から消化液が出て、細かく分解されて消化液とよく混ざった食物が小腸から吸収されるんです。

この消化吸収のプロセスは、最初にしっかり噛むことで、ドミノ式にスイッチが入る。
結果、食べ物をエネルギーや体の材料にスムーズに変換できる、というわけ。肉や魚といった自分ではないものを取り込んで、自分の体にしていかなければならない。そのためには「噛むことがすべての始まり」。だから噛むという作業は消化吸収の最初のプロセスとして、とても重要なんです。

来週は、「噛むことで、体つきが変わる!」 についですお楽しみに!