お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【7月25日(水)】「いびき」対策に舌固定マウスピースはいかが?

ジェーン・スー 生活は踊る

7月25日(水)の「生活情報のコーナー」では、「これ買ったよかったよ〜前哨戦〜」と題し、長峰アナと番組スタッフが「買ってよかったもの」を紹介しました! こういうものほしかった! と思える一品がそろっています!

抜群の耐久性「シリコンマグネット iフックとjフック 790円」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

物が多い長峰さんのおうちでは、置き場所に工夫を凝らし、いろいろな生活用品をぶら下げているそう。ただ、重さに耐えることができる、耐久性の高いフックがなかなかみつからなかったんだとか。そこで出会ったのは、「シリコンマグネット」。iフックは、ひっかけるところが「i型」、jフックは「j型」となっています。長峰アナは冷蔵庫の横の壁面にゴミ袋をぶら下げているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

磁石には、張り付く力が弱い物、普通のもの、最強の物の3種類あります。最強の磁石はレアアースをつかったネオジム磁石といい、車や携帯電話に使われています。しかしそんな最強磁石にも大きな弱点があります。それは「割れる」「サビる」「吸着面を傷つける」そして「すべりやすい」。その弱みを克服したのがこちらの「シリコンマグネット」。ネオジム磁石をシリコンで包んでいるので「サビない」「傷つけない」「滑りにくい」という最強マグネットフックです。

冷蔵庫にプリントを貼ったり、玄関のドアに帽子や鍵をかけたり、ユニットバスやシステムバスはスチールでできているので使えます!また、洗濯機にステンレスのかごをjフックで掛けてみたり、屋外なら室外機にほうきをぶらさげてみたり。使い方はアイデア次第で無限大です。お家の生活周りの様々な場所で活躍できる「iフック」は1kgまで、jフックは2kgの重さまで耐えられます。(パソコンなどの電子機器、電子医療機器、磁気カードの近くでの使用は、ご注意ください。)お値段は税別790円、ぜひお試しになってみてください。

いびき・無呼吸対策が必要なあなたに 「エミリードの舌固定マウスピース」1680円

構成作家・佐藤は現在44歳。
40代になったころからイビキがひどく、鼻腔拡張シールや、上唇と下唇を貼るシールなど、いろいろ試してはみましたが、どれも改善されず悩んでいました。ところが今年の5月、ネットである商品の存在を知り、試してみたところ、イビキがかなり軽減されたそう!それがこちら。

 

 

 

 

 

 

 

 

使い方は、このマウスピースに舌を入れます。中の空気を出すことで舌が吸着され、舌を出した状態が固定されます。抵抗があるかもしれませんが、佐藤は一週間くらいで慣れて今は抵抗がないそう。イビキの原因は人それぞれですが、舌固定マウスピースをつけていれば舌根が沈まなくなり、イビキをかかなくなったんだとか。

ただし、朝起きると舌が痛いそうです。舌を深くいれすぎると舌が痛くなり、浅すぎるととれてしまいます。自分のベストなポジショニングを探しましょう。

ピックアップ