お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

バーサを演じた笹本さんの様々な表情【幸福】(後編)

ラジオシアター~文学の扉

毎週日曜、夜9時からお送りしている
【ラジオシター~文学の扉】

今週は先週に引き続き、ゲストに笹本玲奈さんをお迎えして、
マンスフィールドの『幸福』後篇をお届けしました。この作品は、弾けるところがなく、演じる時に内面のテンションを保つのが大変。

「疲れる」「すごくパックされている感じ」と、
お二人とも疲労感を感じながら集中して演じていました。

ゲストの笹本さんは、明るく爽やかで天真爛漫なイメージがぴったりな方です。
笹本さんが演じたバーサにもご本人の魅力が溢れていましたが、
その中でも時に陰りがある声色も混じって素敵でした。

「笹本さんがフルトンを演じるのも聴いてみたかった」と、中嶋さん。

ご本人は意外なようでしたが、
中嶋さんとはまた違ったフルトンになりそうで、私も聴いてみたいです。

毎回恒例、中嶋さんは様々な役を演じました。
語り、フルトン、バーサの夫・ハリー、前篇では乳母も。

全ての役が主人公バーサに向けられており、彼女が登場しないシーンでもバーサの顔が浮かびます。

主人公バーサひとりを演じ切った笹本さん。
ご本人の爽やかな部分も、内面でドロドロと渦巻く感情も、
様々な要素が詰まっていたように感じます。

幼い頃から様々な役を演じてこられた笹本さんの、
今の年齢だから出せる少女らしさや少年らしさ、女性らしさが混じり合ったお芝居でした。

ラジオドラマは、様々なフィールドで活躍されている方の声だけでの真剣勝負という感じがします。
今回もそれを堪能できました。

b田上真里奈

 

 

 

 

 

 

 

ピックアップ